この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co

コンテンツ運用が可能なマーケティングオートメーション「@Concierge(アットコンシェルジュ)」

マーケティングオートメーションとの相乗効果が期待できるコンテンツマーケティングを同時に行うことが可能な「@Concierge(アットコンシェルジュ)」の紹介です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

マーケティングオートメーションは自社コンテンツとの連携が前提

昨今の日本で急激に勢いを増しつつあるマーケティングオートメーションですが、あなたの会社のホームページには導入されていますか?マーケティングオートメーションは、自社ホームページのコンテンツが充実しているほど顧客の行動を把握しやすくなるため、より高い効果を発揮することができます。

マーケティングオートメーションはあくまで裏方

マーケティングオートメーションは、それ単体だと単なる自動化ツールに過ぎません。「顧客がどんなページを閲覧したか」「Webページ内でどんな行動をとったか」を数値化・集計し、それに対応したアクションを自動的に行うのが本来の用途です。

例えば仮に自社のホームページにマーケティングオートメーションツールを導入したとして、そのホームページがトップページだけの極めてシンプルなものであった場合には顧客がどのような項目を読み、どのような行動を取ったかを正しく把握することは至難の技でしょう。

マーケティングオートメーションを活用するには、例えば個別の商品紹介ページなど個別のページを用意しておくほうが理想的です。

コンテンツを充実させるには

コンテンツは、何もせずに降ってくるものではありません。一般的にはCMS(コンテンツ管理システム)を使うことで効率よくコンテンツの追加・管理が可能となります。「WordPress(ワードプレス)」なんて名前を聞いたことがありませんか?WordPressは有名なコンテンツ管理システムでビジネスへの利用も多数行われています。

ただし、WordPressはあくまでCMS(コンテンツ管理システム)なので、マーケティングオートメーションと組み合わせるには、手間を掛けて設定などの作業を行うことが必須です。
また、サービスを複数扱うということはそれだけで業務が煩雑になってしまう可能性を高めてしまいます。

コンテンツ管理も出来るマーケティングオートメーションツールがある!

その名も「@Concierge(アットコンシェルジュ)」

@Conciergeは、コンテンツ管理に長けたマーケティングオートメーションツールです。コンテンツを充実させることの重要性は前述の通りですが、異なるサービスの連携を行うと作業に手間がかかったり、管理が煩雑になる可能性が高くなります。

その点はコンテンツ管理も出来る@Conciergeであれば同じインターフェースの中で管理を行うことが出来るため、管理を行うのが容易になるという大きなメリットがあります。同じサービスの中でコンテンツ管理とマーケティングオートメーションを両立しているため、サービス連携の手間や管理の煩雑さといった問題はほとんど無くなります。

コンテンツ管理と使いやすさに特化したマーケティングオートメーションツール

@ConciergeはマーケティングオートメーションツールでありながらCMS(コンテンツ管理システム)の機能も持っています。コンテンツの作成と管理、更にはマーケティングオートメーションでの顧客管理を備えているため、どのような顧客にどのようなアクションを行うかを明確にしやすいという特徴があります。

マーケティングオートメーションと同時にコンテンツマーケティングを行うことが出来るため、非常に効率の良いWebマーケティングを行うことが可能です。

コンテンツ管理はマーケティングオートメーションでも重要

マーケティングオートメーションとコンテンツは切っても切り離すことができないくらい密接に関係しています。マーケティングオートメーション導入の際にはコンテンツの管理や使いやすさも同時に考えることで、より効率良く効果の高いWebマーケティングになると言えそうです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > コンテンツ運用が可能なマーケティングオートメー...

      人気のキーワード