この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co

マーケティングオートメーションと組み合わせる魔法のコンテンツマーケティングとは?

マーケティングオートメーションと組み合わせることが非常に有効なコンテンツマーケティングってご存知ですか?何気ないコンテンツから顧客にファンになってもらうことで、自社の製品を積極的に購入してくれるかもしれません。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

皆さんはマーケティングをどのように行っていますか?最近のトレンドは、マーケティングオートメーションと言えますが、マーケティングオートメーションはなんといってもコンテンツの充実が大前提です。
そこで、顧客にとって有益な情報をもたらすことで顧客を惹き付けるコンテンツマーケティングを組み合わせて行う企業が増えてきています。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングってご存知ですか?コンテンツマーケティングとは、ブログやSNSなどを利用して顧客とより近い位置から自社製品の魅力をアピールするマーケティングの手法です。顧客にとって価値のあるコンテンツの発信を行うことで、顧客の定着を狙うことができます。

コンテンツマーケティング最大のメリットは、あなたの会社のファンが増えることにあります。日頃何気なく見ているSNSなどで企業が顧客向けにブログや動画を発信しているのを目にしたことはありませんか?また、その企業の投稿に多くのコメントがついているのを目にしたことははありませんか?その殆どはコンテンツマーケティングなのです。

では、そのコンテンツマーケティングはWeb広告と何が違うのでしょうか?見た目や媒体はもちろん異なりますが、具体的にその違いとメリット・デメリットを挙げていきましょう。

Web広告と何が違うの?メリット・デメリットは?

コンテンツマーケティングのメリット

充実させれば会社の財産になる

Web広告には表示される期間が決まっており、その期間を過ぎれば効力を失ってしまいます。その反面ブログなどのコンテンツは半永久的に残り続けるため会社の財産として利用することができるのが大きなメリットです。継続して発信を続ければ続けるほど効果は高くなっていきます。

コストが大幅に安い

お金を支払って表示させるWeb広告に比べると、ブログやSNSなどのコンテンツマーケティングはコストが大幅に安いのも特徴です。ブログやSNSの投稿自体には基本的に料金は発生しませんし、コストメリットは十分にあると言えます。写真や動画などを投稿する場合には費用がかかってしまう場合もあるかもしれませんが、コンテンツそのものは残りますし、よほど大掛かりな動画などでない限りは広告費用を超えてしまうことは無いのではないでしょうか。

顧客に喜ばれる

インターネットを見ていて、過剰なWeb広告にウンザリした経験はありませんか?コンテンツマーケティングは、「顧客にとって有益な情報」を投稿することを前提としています。顧客は有益な情報が手に入り、企業は顧客の信頼が得られ、お互いにWin-Winの関係を築くことができるのがメリットです。

顧客との距離が近い

顧客との距離が近いことで顧客の要望にいち早く気づくことができたり、質問に即座に回答できたりするのもコンテンツマーケティングのメリットです。

効果が出始めるのに時間がかかる場合がある

お金を支払ってすぐに出せるWeb広告とは異なり、コンテンツマーケティングはある程度長期間を想定して行う必要があります。顧客の認知度に大きく左右されたり、検索エンジンの対応であったりと理由は様々ですが、すぐに効果が出にくいのはデメリットといえます。

どんなコンテンツが好まれるのか

コンテンツマーケティングでは製品そのものをアピールするよりも、製品を使った生活風景など、顧客が自分の生活の中でその製品を使っていることを想像できるような内容や、製品を使ったお役立ち情報などが好まれる傾向にあります。その製品があることで、顧客の生活がどう良くなるのか。それを想像させるコンテンツを発信することで、顧客はファンになってくれるでしょう。

自動化マーケティングとの連携で効果アップ!

コンテンツマーケティングと自動化マーケティングを組み合わせることで効果を高めることができます。自動化マーケティングについては下記のリンクの記事を読んでみてください。

コンテンツの充実は自社の宝

コンテンツマーケティングを行うことで、今よりもさらに顧客を惹き付けることが可能になります。大切なのは日常の空気感。製品自体よりも、会社そのものを好きになってもらうような発信を心がけることが、顧客をファンにする秘訣と言えそうです。
また、自動化マーケティングと組み合わせを行うことでより効果の高いマーケティングを行うことが出来るようになります。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > マーケティングオートメーションと組み合わせる魔...

      人気のキーワード