この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co

営業の心強い味方!?Webマーケティング自動化(オートメーション)のススメ

Webマーケティングを自動化(オートメーション)することで、顧客が十分に育成された状態から営業をかけることが出来ます。見込みの高い顧客に対して優先的に営業を行うことで、業務の効率化と受注率の向上につなげることが出来ます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

魔法の自動化ツール!マーケティングオートメーション!

今、その製品がほしいと思っている顧客がデータでわかる!そんな魔法のようなツールがあるってご存知でしょうか?商品の購入を検討している顧客が今どんな状態にあるかは、熟練の営業マンでも見極めるのに苦労することもあるかと思います。

でも、もしも顧客の状態が誰にでも、客観的にわかるとしたらどうでしょう?素晴らしいと思いませんか?

顧客が製品の購入を行う場合、上の図のような段階を踏むことになると思います。【認知】の状態の顧客に【比較・検討】の状態の顧客に同じ営業を行っても、受注につながる可能性は限りなく低いですよね。逆を言えば、既に【比較・検討】の状態の顧客に営業を行うことができれば受注の可能性は大きく上がるということです。

顧客の育成を自動化する

マーケティングオートメーションは顧客の育成を自動化することにより、より顧客の検討度が高い状態の顧客に集中して営業を行うことが出来るため、結果的に効率の良い営業を行うことが出来るのです。

マーケティングオートメーションで出来ること

マーケティングオートメーションで何が出来るのかまとめてみました。Webサイトを訪問した顧客の情報を管理し、見込み顧客として育成します。育成された顧客は、購買意欲の高い顧客として抽出出来るので、そこに営業担当者が営業を行うことで効率の良い営業を行うことが可能です。

 1.顧客情報の管理
 2.見込み顧客の育成
 3.購買意欲が高い顧客の抽出
 4.購入までのストーリーの明確化

マーケティングオートメーションについては、下記の記事も読んでみて下さい。

仕事を効率化する

仕事を効率化することができれば過剰な負担を避けることができますし、空いた時間は別の施策を行ったり、見込みの高い顧客に対して割く時間も増やすことが出来ます。
量を増やす仕事は限界がありますので、仕事の質を上げるという方向性も大切なのではないかと感じます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > 営業の心強い味方!?Webマーケティング自動化...

      人気のキーワード