この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co

マーケティングオートメーション比較!2018年自社に最適なものはどれ?

マーケティングオートメーションツールは何を基準に選びますか?本記事では主要なマーケティングオートメーションツールの機能などを紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

2018年、あなたの企業に最適なマーケティングオートメーションはどれ?

本記事では、2018年6月時点のマーケティングオートメーションツールを紹介します。 あなたの会社に合ったツールを見つけることは、マーケティングの効果をより高めることに繋がります。

目次

広がるマーケティングオートメーション(MA)

マーケティングオートメーション(MA)はアメリカでは既に一般的になっていますが、日本ではこれから導入が進む段階です。現在検討を行っているという企業も多いのではないでしょうか。そこで本記事では数あるマーケティングオートメーションツールの中から10種類ほど紹介いたします。

Marketo(マルケト)

【世界で6000社が採用】マーケティングオートメーション(MA)のツールならマルケト

出典:https//jp.marketo.com

概要

元々のCRM(顧客関係管理)システムからマーケティングオートメーション(MA)に移行した経緯があり、海外MAの中でも日本に早く進出した関係で日本語対応の度合いも高いツールです。比較的規模の大きな会社で採用されているケースが多いと感じます。

どういう企業向け?

  • ・BtoB企業
  • ・技術や知識のある専任マーケティング担当者がいる

機能

  • ・マーケティングオートメーション
  • ・メール
  • ・モバイル
  • ・ソーシャル
  • ・デジタル広告
  • ・ウェブ
  • ・アカウントベースマーケティング
  • ・マーケティングアナリティクス
  • ・プロディクティブコンテンツ

【目次に戻る】

Hubspot(ハブスポット)

HubSpot | インバウンドマーケティング&セールスソフトウェア

出典:https//www.hubspot.jp

概要

ROI測定、SEO、CMS(コンテンツ管理システム)、ソーシャルメディア連携も出来る機能の豊富なツール。有名なCRM(顧客関係管理)ツールSalesforceとの統合も可能です。

どういう企業向け?

  • ・BtoB企業
  • ・技術や知識のある専任マーケティング担当者がいる
  • ・Salesforceを使っている

機能

  • ・ブログ
  • ・ランディングページ
  • ・Eメール
  • ・マーケティングオートメーション
  • ・リード管理
  • ・アナリティクス
  • ・ウェブサイト
  • ・ソーシャルメディア
  • ・SEO
  • ・Call To Action
  • ・広告
  • ・Salesforceとの統合

【目次に戻る】

Pardot(パードット)

Salesforce - セールスフォース・ドットコム

出典:https//www.salesforce.com

概要

BtoB向けマーケティングオートメーション(MA)ツール。SalesforceのCRM(顧客関係管理)サービスと合わせて使われることが多いです。

どういう企業向け?

  • ・BtoB企業
  • ・技術や知識のある専任マーケティング担当者がいる
  • ・Salesforceを使っている

機能

  • ・ランディングページと入力フォーム
  • ・検索連動型広告キャンペーン
  • ・ランディングページの多変量テストとA/Bテスト
  • ・見込客の育成
  • ・見込客の自動割り当て
  • ・見込客の評価
  • ・見込客の動向追跡
  • ・リアルタイムのアラート
  • ・動的なコンテンツ
  • ・顧客のセグメンテーション
  • ・メールのA/Bテスト
  • ・クローズドループレポート機能
  • ・ライフサイクルレポート機能
  • ・検索連動型広告レポート機能

【目次に戻る】

Oracle Marketing Cloud(オラクルマーケティングクラウド)

Oracle | Integrated Cloud Applications and Platform Services

出典:https//www.oracle.com

概要

元々Eloquaという名前でした。BtoBだけでなくBtoCでも使えるようで、幅広い機能を使いこなせば頼もしい味方になりそうです。

どういう企業向け?

  • ・BtoB企業
  • ・BtoC企業でも
  • ・技術や知識のある専任マーケティング担当者がいる

機能

  • ・クロスチャンネルオーケストレーション
  • ・データマネジメントプラットフォーム
  • ・コンテンツマーケティング
  • ・ソーシャルマーケティング
  • ・マーケティングオートメーション

【目次に戻る】

Adobe Marketing Cloud(アドビマーケティングクラウド)

Adobe: Creative, marketing and document management solutions

出典:https//www.adobe.com

概要

独立した製品を組み合わせて、Webに関わる人が欲しいと思うような機能を充実させています。Adobeの強みであるクリエイティブを活かしやすいツールのようです。

どういう企業向け?

  • ・BtoB企業
  • ・クリエイティブを活かしたい
  • ・技術や知識のある専任マーケティング担当者がいる

機能

  • ・Analytics
  • ・Audience Manager
  • ・Campaign
  • ・Experience Manager
  • ・Media Manager
  • ・Primetime
  • ・Target

【目次に戻る】

IBM Watson Campaign Automation(アイビーエムワトソンキャンペーンオートメーション)

IBM - IBM Watson Campaign Automation

出典:https//www.ibm.com

概要

IBMがメールマーケティングの先駆であったSilverpopを買収して誕生しました。
IBM Silverpop → IBM Marketing Cloud → IBM Watson Campaign Automationと名前が変化しています。Watsonとは、IBMの開発した質疑応答・意思決定支援システムのことです。メールマーケティングに強みを持っているという特徴があります。

どういう企業向け?

  • ・BtoB企業
  • ・メールマーケティングに力を入れたい
  • ・技術や知識のある専任マーケティング担当者がいる

機能

  • ・多種多様なメール配信
  • ・UBXを使ったデータ連携
  • ・リード管理
  • ・デジタル・マーケティング
  • ・アナリティクス
  • ・ジャーニーの設計

【目次に戻る】

SHANON MARKETING PLATFORM(シャノンマーケティングプラットフォーム)

概要

シャノン|シャノンのマーケティングオートメーション

出典://

概要

導入後、うまく活用できていない場合などのサポートも充実しており、実践的な現場サポートを受けることが出来ます。プラットフォームとして設計されているため、CRM(顧客関係管理)の領域までカバーしています。

どういう企業向け?

  • ・BtoB企業
  • ・手厚いサポートを期待したい
  • ・技術や知識のある専任マーケティング担当者がいる
  • ・CRMも一緒に導入したい

機能

  • ・メールマーケティング
  • ・広告連携
  • ・ランディングページとWEBフォーム
  • ・マルチチャネルキャンペーン管理
  • ・顧客管理
  • ・スコアリング
  • ・CRM統合
  • ・ソーシャルルール

【目次に戻る】

b→dash(ビーダッシュ)

マーケティングプラットフォームのb-dash

出典:https//bdash-marketing.com

概要

プラットフォーム型のマーケティングツールなので、幅広い機能が搭載されています。2017年12月に事業ごとに特有の施策や分析に適したDWH・データモデル構築を自動で実現する機能「Smart Data Reactor」を発表しています。

どういう企業向け?

  • ・BtoB企業、BtoC企業
  • ・技術や知識のある専任マーケティング担当者がいる

機能

  • ・アプリ・WEB計測
  • ・スコアリング
  • ・顧客管理
  • ・フォーム作成
  • ・外部ツールAPI連携
  • ・ビジネスデータ連携
  • ・メール
  • ・シナリオ設計
  • ・広告データ連携
  • ・LPO A/Bテスト
  • ・レコメンド
  • ・アクセス解析
  • ・顧客分析
  • ・Smart Data Reactor

【目次に戻る】

@Concierge(アットコンシェルジュ)

最新マーケティングオートメーションの@アットコンシェルジュが見込みユーザーを新規顧客に育成する|ストーリーコマースのkabuki |

出典:https//kabuki-inc.com

概要

「誰でも使える」をテーマに作られたマーケティングオートメーションツールです。CMS(コンテンツ管理システム)を内蔵しており、コンテンツマーケティングで新規顧客を呼び込んで育成できる仕組みになっており、匿名顧客へのアプローチが可能です。BtoBだけでなくECサイトなどBtoCにも使える仕組みになっています。

どういう企業向け?

  • ・BtoB企業、BtoC企業
  • ・ECサイトを運営している
  • ・コンテンツマーケティングでファン顧客を増やしたい
  • ・新規顧客の獲得も力を入れたい

機能

  • ・クラウドASPシステム
  • ・コンテンツ制作機能
  • ・Google Analyticsと連携した分析機能
  • ・メディア設計
  • ・マーケティングオートメーション

【目次に戻る】

SATORI(サトリ)

マーケティングオートメーションツール SATORI

出典:https//satori.marketing

概要

Salesforceだけでなくkintoneとも連携が可能なツール。匿名顧客に向けたアプローチも可能です。

どういう企業向け?

  • ・BtoB企業、BtoC企業でも
  • ・匿名顧客に対応したい
  • ・Salesforce、kintoneを使っている

機能

  • ・リード管理
  • ・ランディングページ・フォーム制作
  • ・シナリオ
  • ・メール配信
  • ・スコアリング
  • ・レポート
  • ・外部連携(Salesforce、kintone)
  • ・独自ドメイン

【目次に戻る】

kairos3(カイロス3)

カイロスマーケティング株式会社

出典:https//www.kairosmarketing.net

概要

シンプルなインターフェースに定評があります。国内全ての企業をマーケティングカンパニーにするというコンセプトで展開しているためか、初心者でも試しやすいツールといえます。

どういう企業向け

  • ・BtoB企業
  • ・マーケティング初心者である

機能

  • ・リード管理
  • ・メール配信
  • ・フォーム作成
  • ・スコアリング
  • ・ホットリード
  • ・リードナーチャリング
  • ・セグメンテーション
  • ・マーケティング分析
  • ・シナリオ
  • ・オフライン
  • ・独自ドメイン

【目次に戻る】

まとめ

いかがでしたか?マーケティングオートメーションは、会社に合ったツールを選ぶことが成功への近道です。おそらくこれから追加される機能等も多数あるのではないかと思いますので、良さそうなツールを見つけたら「こういうことをやりたい」と問い合わせてみるのも良いかもしれませんね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > マーケティングオートメーション比較!2018年...

      人気のキーワード