この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co

既存マーケティングオートメーションツールの課題と@Conciergeが最適な理由

@Concierge(アットコンシェルジュ)がマーケティングオートメーションツールとして、その課題をどう解決しているかをご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

皆様はどのMAツールを検討していますか?マーケティングオートメーションは効果の高い手法ではありますが、日本国内での運用を行うにはまだまだ課題も残されています。本記事では、MAツール「@Concierge(アットコンシェルジュ)」がその課題をどう解決に導くことが出来るかを紹介していきます。

既存マーケティングオートメーション(MA)ツールの課題

1.機能が複雑で使いこなせない

導入したは良いものの、機能が多く複雑過ぎて使いこなせないという失敗例も多くあります。日本ではまだ広がり始めたばかりのツールなので、そもそも使いこなせる技術を持った人が少ないのが現状です。

@Concierge(アットコンシェルジュ)の解決作

@Concierge(アットコンシェルジュ)は、「誰でも使える」をコンセプトとして設計されたマーケティングオートメーションツールなので、シンプルなインターフェースで使っていくうちにツールの目的や手法を理解しやすい仕組みになっています。

2.既にコンテンツが充実していることが前提

コンテンツが充実していない状態で導入を行っても、マーケティングオートメーション本来の機能を発揮することが難しく、無駄になってしまうという失敗例もあります。

コンテンツの量とコンテンツ設計(どんな人に、どんなコンテンツで、どんなタイミングでコミュニケーションを行うか)をしっかりと組み立ててから導入を行う必要があるため、ハードルが高いと感じる方も多いのではないでしょうか。

@Concierge(アットコンシェルジュ)の解決作

@Concierge(アットコンシェルジュ)は独自のコンテンツ投稿機能を備えているため、導入後でもブログのような感覚でコンテンツを追加することが出来ます。動画の組み込みや資料のダウンロードページなども作ることが出来るので、導入後でも戦略を立てながらコンテンツを組み立てることが出来ます。コンテンツ設計の組み立てが行いやすいということは、PDCAサイクルを効率よく回すことが出来るというメリットでもあります。

3.新規顧客の獲得は別として考えられている

既存マーケティングオートメーションツールは、新規の見込み顧客獲得を行う仕組みにはなっていない場合がほとんどです。どんなマーケティングオートメーションでもリスティング広告の広告と組み合わせることはほぼ必須と言えます。

@Concierge(アットコンシェルジュ)の解決作

@Concierge(アットコンシェルジュ)なら、コンテンツを新たに作成することで行えるコンテンツマーケティングにより、Web検索などからの新規顧客の獲得も促進することが出来ます。Webページを訪問した匿名の新規顧客は設計されたコンテンツによって育成され、見込み顧客へと変化していきます。

@Concierge(アットコンシェルジュ)を使う利点まとめ

いかがでしたか?@Concierge(アットコンシェルジュ)なら、既存マーケティングオートメーションツールの上記のような問題点を解決することができます。
 ・新規顧客の獲得もしたい
 ・コンテンツをこれから充実させたい
 ・複雑なインターフェースは避けたい
というようなご要望をお持ちでしたら、ピッタリだと思います。ぜひ導入してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > 既存マーケティングオートメーションツールの課題...

      人気のキーワード