この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元URL:https//www.shutterstock.com

日本企業の重要課題は何!?人手を補うマーケティングの自動化(オートメーション)

日本ではまだ広がり始めのマーケティング自動化(オートメーション)ですが、今後はますますその需要が高まることになりそうです。早めの段階で検討して置くのも一つの戦略ではないでしょうか。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

日本企業の課題

まだまだ表立って問題として認識されていないかもしれませんが、日本はこれから労働人口がますます減少していきます。そうすると割くべきところに人を割り当て、必要のないところは極力自動化するという工夫も必要になってくると考えられます。マーケティングオートメーションは、顧客育成を行うことで業務のサポートを行うことが出来ます。

労働人口の減少

2025年の日本では、およそ583万人の労働力が不足するという試算結果がでているそうです。日本の人口が約1.27億人として計算すると、だいたい労働人口が4.6%減ということになります。もちろん企業としては人口が減ったからといって売上が減っても良いということにはならないでしょうから、より効率化を行う工夫が必要になります。

どういう工夫をするか

では減少する労働人口に対してどのような対策を行うかですが、現実的に人を増やすのは最小限にして、自動化や効率化が出来る箇所は極力無駄を省くという方向になるのではないかと思います。

マーケティングの効率化は行うべきか

マーケティングの自動化は行うべきか。答えはイエスです。なぜならマーケティングを効率化することにより、結果的にその先の営業も効率化されることになるからです。

マーケティングの自動化とは

マーケティングの自動化とは、一体どんな部分が自動化されるのか。マーケティングオートメーションは一般的に、顧客育成を自動化することを目的としています。顧客に興味を持たせ、見込み顧客として情報収集をしてもらうことで比較・商品購入の検討をしてもらい、その後は営業担当者からの直接のアプローチを経て購入に繋がっていきます。

営業担当から見たメリット

マーケティングオートメションはWebページなどに対する顧客の行動を得点化することで、商品に対して顧客が今どのような検討段階にあるかを客観的に判断することが出来ます。営業担当は今まで検討段階が浅い顧客にも労力を割く必要がありましたが、マーケティングオートメーションを導入した後はより検討段階が深い顧客に注力して営業活動を行いやすくなるのです。

マーケティングの自動化のメリットは大きい

いかがでしたか?マーケティングによる顧客の育成・管理を今後導入するメリットは大きいのではないでしょうか?新規顧客の呼び込みに関しては、今までどおりリスティング広告などを組み合わせて行う必要がありますが、こちらもコンテンツマーケティング等を行うことによって少しづつ効果を挙げていくことが可能です。

冒頭で2025年に減少しているであろう労働人口を紹介しましたが、いざ時間が立ってから対策するのではなかなか難しい場合が多いでしょうし、今から対策するのは決して悪い方法ではないのではないでしょうか?

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > 日本企業の重要課題は何!?人手を補うマーケティ...

      人気のキーワード