Story Commerce® 人と人をつなぎHAPPYをつくる

顧客の心をくすぐるマーケティングオートメーション!@Conciergeで商品を購入してもらうために

@Concierge(アットコンシェルジュ)は、CMSの機能も備えたマーケティングオートメーションです。コンテンツ管理を内蔵することで、より効率的なコンテンツの運用を行うことが出来ます。

@Concierge(アットコンシェルジュ)は、CMSの機能も備えたマーケティングオートメーションです。コンテンツ管理を内蔵することで、より効率的なコンテンツの運用を行うことが出来ます。

目次

@Concierge(アットコンシェルジュ)とは

CMS(コンテンツ管理システム)の機能を備えたマーケティングオートメーションツールです。一般的にマーケティングオートメーションツールはコンテンツがあることが前提で効果を発揮するため、後からコンテンツを管理・追加しやすいCMS機能はコンテンツ設計のPDCAを回しやすくなるというメリットがあります。

顧客の認識の変化を誘う

@Conciergeは顧客の検討状態を段階分けし、その状態に応じて見てもらいやすい記事を設定することが出来ます。それによって、顧客はある程度こちらの想定した流れで記事を読み進めることが出来るので、顧客に商品の魅力を伝えやすい工夫がされています。

新規顧客も獲得できる

@Conciergeには、上記のような顧客の育成に加えCMS(コンテンツ管理システム)を内蔵していることで新規顧客の獲得も狙うことが可能だということは重要なポイントと言えます。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、顧客に有用な情報を提供することで顧客にファンになってもらい商品の購入につなげるというマーケティング手法で、顧客のリピート率も高いのが特徴です。CMS機能を内蔵する@Conciergeは、コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーションを組み合わせて行うことができるのでお互いの相乗効果が生まれ、通常の施策よりも効果を上げることが期待できるようになります。

リスティング広告にも利点はある

即効性はリスティング広告が勝る

一般的にマーケティングオートメーションの効果は高いと言えますが、即効性はリスティング広告などの広告施策には劣ります。コンテンツマーケティングも同様のことが言えます。
しかし、広告を出すことによって迷惑に思われたりマイナスなイメージを持たれてしまうといった点もあり、まさに一長一短といえます。

@Conciergeを使うメリット

リスティング広告を使う場合に直接ランディングページに飛ばすのが現在の一般的な手法ですが、そういった場合は十分に顧客が育成されていないため直帰してしまう可能性があるのは否めません。リスティング広告から@Concierge内の記事に誘導し、最終的にランディングページや商品ページに誘導することで、顧客が育成された状態で本当に見せたいページを見せることが出来ます。

顧客に寄り添うアプローチ

@Conciergeは、顧客に読んでもらいたい記事を制作し、それを意図した順番で読んでもらうことが出来る工夫がありますので、シナリオ設定に沿ったアプローチを行うことが可能です。
マーケティングオートメーションとコンテンツマーケティングの複合という運用から、顧客にとって有意義なコンテンツを発信することでお互いにWin-Winの関係を作り出すことも可能です。

  • Fb icon white
  • Twitter icon white
  • Line icon white
  • Hatena icon white

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      マーケティング...新着

      マーケティング...ランキング

      総合新着

      総合ランキング