この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元URL:https//www.shutterstock.com

営業の仕事はこう変わる!@Conciergeのマーケティングオートメーション!

マーケティングオートメーションツール@Concierge(アットコンシェルジュ)が営業担当者にもたらすメリットを紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

@Concierge(アットコンシェルジュ)は営業担当の仕事を手助けする

@Conciergeは、日々の営業をサポートするためのマーケティングオートメーションツールです。@Conciergeを使用して、営業の仕事がどのように変わるのかを考えてみましょう。

営業の効率を上げる

一般的な会社では、顧客ごとに購入してもらえそうな顧客の洗い出しを行い、営業担当が購入の可能性が高そうだと判断した顧客に対して注力して営業を掛けますよね。その方法は合理的で良い方法なのですが、例えば顧客が商品のWebページをどのように閲覧して検討したかを知ることができれば、もっとよく顧客を知ることにつながるとは思いませんか?

また、購入の可能性が高くなる途中で離れてしまった顧客についても、正しい情報を提供できていればもっと深く検討してもらうことが出来たかもしれませんし、営業担当が顧客の育成から行うのは他にもっと時間を割きたい顧客に対する時間を奪ってしまうことになり、最良の提案を作り上げるだけの時間を確保するのが難しいという事態になってしまっている可能性もあります。

顧客の育成を自動化することで得られるメリット

@Conciergeは新規顧客の招致から育成を、独自のCMS(コンテンツ管理システム)によって、意図したコンテンツ設計に近い形で自動で提案することが出来、理想的な順番で顧客に読み進めてもらうことが出来ます。
読んだコンテンツの情報によって検討の度合いがわかるので、よりコンテンツを深く読み込んだ顧客を抽出することで、検討度の高い顧客に自然と営業を行えるようになります。

人が働けない時間でも

人が働くことが出来る時間は限られています。限られているからこそ、その時間を有意義にしたいものです。@Conciergeを始めとしたMAツールは、夜間でも動いていますので人が働けない時間でも仕事をしてくれます。

例えば仕事が終わった後に、仕事中に気になった商品を調べたりすることはありませんか?マーケティングオートメーションはそういった人にもしっかりとアプローチすることが出来ます。

作ったコンテンツをSNSに投稿することも可能

昨今では、コンテンツマーケティングの一環として、Twitterなどのメディアにコンテンツを拡散することも仕事にしている方がいます。@Conciergeは作ったコンテンツページからSNSへの投稿が容易にできるので、企業のSNSを活用したマーケティングを手助けすることも可能です。

当然ですが、SNSへ拡散されたコンテンツのURLからWebページを訪れたユーザーもマーケティングオートメーションの機能で顧客として育成することが出来ます。

営業とマーケティング担当者を手助けするツール

いかがでしたか?@Conciergeは、マーケティングオートメーションの機能だけでなくコンテンツマーケティングも行いやすいように設計されていますので、マーケティングオートメーションツールの目的でもある営業の補助に加え、コンテンツ投稿による新規顧客の呼び込み・育成、SNSへの拡散による呼び込みなど、マーケティング担当者を助ける仕組みも多く備えています。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > 営業の仕事はこう変わる!@Conciergeの...

      人気のキーワード