この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co

ECサイトでも使えるマーケティングオートメーション#@Concierge(アットコンシェルジュ)

ECサイトに向いてるマーケティングオートメーション(MA)ツールがあります。一般的なマーケティングオートメションはBtoB向けに開発されているものが多いですが今回取り上げる#@conciergeはBtoCでの活用も行えます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

マーケティングオートメーションはBtoB向き?

マーケティングオートメションは、一般的にはBtoB向きと言われています。一番の理由は、マーケティングオートメション自体は新規顧客の獲得に向いている仕組みではないということです。それでも、顧客の育成を目的としたマーケティングオートメーションはやっぱり魅力的ですよね。本記事では、ECサイトでの利用に向いているマーケティングオートメーションツール「@Concierge(アットコンシェルジュ)」をご紹介します。

ECサイトに最適なマーケティングの手法は?

マーケティングオートメーションの話の前に、そもそもECサイト運営に向いているマーケティング手法は何でしょうか?

コンテンツマーケティグ

コンテンツマーケティングとは、有益なコンテンツを発信することでターゲットとなる読者を引きつけ顧客として獲得する手法です。顧客に有益な情報を発信するという前提があるためファンを獲得しやすく、特にECサイトの場合はリピーターを獲得しやすいという大きなメリットがあります。

SNSマーケティング

コンテンツマーケティングの一部として利用されることが多い手法です。拡散力が高く、リアルタイム性のあるSNSを利用してコンテンツへの誘導のために用いられることが多いです。Twitter、Facebook、Instagramなどを利用することが多いです。

コンテンツマーケティング内蔵の#@Concierge(アットコンシェルジュ)

@Concierge(アットコンシェルジュ)は、独自のコンテンツ管理システムを内蔵しており、コンテンツマーケティングを行うことが出来ます。作成したコンテンツページにはもちろん主要なSNS投稿のボタンも設置されているため、SNSへの拡散もストレス無く行えます。

マーケティングオートメーション

@Concierge(アットコンシェルジュ)はマーケティングオートメションツールなので作成したコンテンツに対してマーケティングオートメーションを導入することが出来ます。顧客に見せたいコンテンツを見せ最終的にECサイトの商品ページに誘導することで、顧客の商品購入を後押しすることが出来ます。

ECサイトの集客とコンバージョン率を向上させる!

いかがでしたか?コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーションを組み合わせることでECサイトのマーケティングも効率化することが可能です。
#@Concierge(アットコンシェルジュ)のプライベートDMPと連携させる音により、広告配信の成果を向上させ、シナリオ設定によりこれまで取りこぼしてきた匿名顧客を獲得し、多くのユーザーをECサイトに導くことができるマーケティングオートメーションツールです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > ECサイトでも使えるマーケティングオートメーシ...

      人気のキーワード