この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co

「@Concierge」のマーケティングオートメーションで顧客をファンにする!

「@Concierge(アットコンシェルジュ)」は、新規顧客を呼び込み育成することができるマーケティングオートメーションツールです。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

顧客をファンにする工夫

@Concierge(アットコンシェルジュ)には、新規顧客を集めファンにすることが出来る施策を打つことが出来る仕組みがあります。特に新規顧客を獲得することは一般的なマーケティングオートメーションツールが苦手とする分野ですので、マーケティングオートメーションと新規顧客獲得を並行して行う場合は非常に有効になります。

コンテンツ管理機能

@Concierge(アットコンシェルジュ)にはマーケティングオートメーション(MA)機能の他にコンテンツ管理システム(CMS)の機能のあるMA+CMSツールです。

マーケティングオートメーションは、既にコンテンツが充実している場合でなければ十分な効果が出ない場合がありますが、CMSを内蔵していることで後から気軽にコンテンツ追加をすることが可能になります。中身のあるコンテンツがたくさんあるとSEO的にも好ましいですし、Google検索やYahoo!検索からの自然流入の可能性が増えるのは非常に嬉しいのではないでしょうか。

マーケティングオートメーション

コンテンツによって新規流入した顧客には、マーケティングオートメーションによって自然と見てほしいコンテンツを閲覧してもらうことが出来ます。そうすることで商品に対する顧客の理解度を高め、魅力を伝えることが出来るのです。

@Concierge(アットコンシェルジュ)導入のメリット

@Concierge導入のメリットをまとめてみます。一般的なマーケティングオートメーションツールと異なる点、特徴的な点は以下です。

コンテンツマーケティングも可能

@Conciergeで顧客をファンにするためには欠かせない機能です。CMS(コンテンツ管理システム)だけなら他にも数多く存在していますが、制作したコンテンツにマーケティングオートメーションを気軽に組み込むことが出来るという点が、コンテンツマーケティングの効果を更に高めることに繋がります。

シナリオ設計が気軽にできる

@Conciergeには、顧客がどのような流れで購入に至るか想定したシナリオ設計を実装することが出来ます。制作するコンテンツにはどの段階の顧客に見せたいコンテンツなのかを設定することができます。新規の顧客には商品に興味をもたせるコンテンツを。検討度合いが高くなるほど、より内容の濃いコンテンツを閲覧してもらうことで、商品への理解を深めます。

マーケティングオートメーション機能も十分

マーケティングオートメーションの機能が多すぎると、かえって効率化が難しくなってしまうことがありますが、@Conciergeは一般的なマーケティングオートメーションに含まれる機能しっかりと内蔵しています。

使い方を理解しやすい

@Conciergeは、「誰でも使える」をコンセプトとして設計されています。使っているうちに自然と使いこなせるインターフェースを備えています。

まとめ

いかがでしたか?@Conciergeを導入するメリットと、その理由をご確認頂けたのではないでしょうか。マーケティングオートメーションは自社に合ったものを選ぶことが最も大切ですが、過剰な機能はメリットである効率化の妨げになってしまう可能性もあります。どのツールを選ぶかは非常に悩ましいところですが、目的をしっかりと見据えたツール選びを行うことで業務の効率化に挑戦してみて下さい。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > 「@Concierge」のマーケティングオート...

      人気のキーワード