この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co

インターネットを利用したマーケティングと自動化(オートメーション)戦略

本記事では、昨今当たり前になりつつあるインターネットを利用したマーケティングと自動化(オートメーションの手法をご紹介します。この記事を読んでいただいている皆様においては今後押さえておくべきWebトレンドと言えるのではないでしょうか。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

インターネットを利用したマーケティングには様々な方法があります。従来のマーケティングに比べコストが極端にかからないものもありますが、その分効果や即効性の部分で様々な差が生じます。これからの時代を生き抜くためには、インターネットでの適切なマーケティング手法とその種類をしっかりと把握しておく必要があるのではないでしょうか。

目次(項目クリックで移動します)

施策の種類

集客のための施策

ここに分類される施策は、主に新規に顧客を呼び込む為に用いられます。

SEO(検索エンジン最適化)

Search Engine Optimization
GoogleやYahoo!などの検索エンジンからのアクセスの増加を狙う手法です。検索エンジン検索結果の上位に自分のページが表示されるような工夫を行うことです。 中〜長期的に効果があり、自然に顧客を呼び込むためには必須と言えます。

リスティング広告

Yahooや Google のような 検索エンジン の 検索結果 に表示される 広告 のことです。 料金を払えばすぐに自分のページを検索結果上位に表示されるため即効性はありますが期間が決まってるため、終了後には効果がなくなってしまいます。

アドネットワーク広告

インターネット上の様々なメディアに、バナー広告やテキスト広告を出すことが出来る手法です。リスティング広告よりも多くのユーザーに広告を届けることができますが、本来のターゲットでは無い層にも表示されてしまうので、無駄の多い手法とも言えます。

アフィリエイト広告

FacebookやTwitterなどのSNSアカウントを自社で運用することによりユーザーにアピールを行い、集客を狙う手法です。話題性のある投稿を行うとユーザー間の拡散により広範囲に広がることがありますが、継続的にユーザーと関わりをもつ必要があります。運用コストは低いですが、定期的に投稿を行わなければユーザーに忘れられてしまう可能性が高くなります。

SMM(ソーシャルメディアマーケティング)

ブログやWebサイト、メールマガジンなどに商品ページのリンクを貼ってもらい、「購入」「申込」「資料請求」などの成果が得られた場合にリンクを貼った媒体に対して報酬を支払う成果報酬型の広告です。 報酬の支払いは成果が上がることが前提のためコスト効率は良いのですが、管理に手間がかかることやBtoB顧客の獲得には向きません。

SNS広告

FacebookやTwitterのSNSメディアに広告を配信する手法です。SNSで繋がっていないユーザーにも投稿を届けることができますが、ユーザーによっては邪魔に感じるために印象が下がってしまったりというデメリットもあります。

コンテンツマーケティング

InstagramなどのSNSやブログなどを利用してユーザーにとって有益な情報を提供することで顧客を育成し、自分のファンを増やすことで集客を狙う手法です。強制的な広告ではないので印象の低下には繋がりにくく、獲得した顧客が離反しにくいのも特徴です。SMMはコンテンツマーケティングの一部とも言えます。

他メディアへの広告出稿(純広告、ネイティブ広告など)

アクセスの多いWebサイトやアプリに広告を掲載することで、そのWebサイト等からの流入を狙う手法です。Webサイトの属性を絞ることで、ある程度まとまった属性のユーザーへ広告を出すことが出来るのがメリットですが、広告枠に限りがあるため広告費用が高額になりやすいデメリットもあります。

オフライン施策(街頭広告、テレビCM、新聞雑誌など)

雑誌などの紙媒体やTVに広告を出す手法です。施策によっては爆発的に顧客の流入を狙うことが可能ですが、かなりの費用がかかってしまいます。QRコードを利用することで 直接Webページに誘導することが可能です。

【目次に戻る】

接客のための施策

ここに分類される施策は、ユーザーを知ること・楽しませることに用いられます。

LPO(ランディングページ最適化)

Landing Page Optimization
サイトの入口となるWebページを最適化する手法です。ページを顧客に見てもらいやすくすることで、成約(コンバージョン)率を向上させることができます。

Web接客ツール

Webサイトにおいても実店舗と同じような接客を行うことを目的とした手法です。サイト利用者とリアルタイムでチャットを行ったり、ポップアップで購入の後押しをすることが出来ます。

EFO(エントリーフォーム最適化)

Entry Form Optimization
Webページの入力フォームから必須項目意外の無駄を省くことでユーザーが面倒に感じてしまう可能性を減らすための手法。商品購入や資料のダウンロードなど意欲的になったユーザーが離反してしまう可能性を減らすことができます。

【目次に戻る】

再来訪を促すための施策

ここに分類される施策は、顧客に再度来訪を促すために用いられます。

リターゲティング広告

一度サイトを訪問したユーザーに対し広告を発信し、再来訪を促します。一度サイトを訪れたことのあるユーザーは興味関心度が比較的高いためコスト効率は良いですが、アクセス数が極端に少ないサイトの場合は効果がありません。配信対象者を増やすため集客のための施策と並行して行うのが一般的です。

メールマーケティング

ユーザーにメールを配信することで来訪を促す手法です。全員同じメールを送るだけでなく、特定ユーザーに向けてメールやクーポン配信等を行うことができます。

【目次に戻る】

接客・再来訪の促進を自動化出来る施策

ここまで書いてきた施策の中で、いくつかを複合して自動化できてしまう施策も存在します。

MA(マーケティングオートメーション)

Webページを来訪したユーザーの行動を得点化し、ユーザーの状態に応じたアプローチを自動で行うことができる手法です。Web接客ツールで行うようなポップアップや、メールの自動送信など豊富な機能を持っています。コンテンツを投稿することが出来る機能を持つツールは、コンテンツマーケティングにより集客も期待できます。

まとめ

簡単にまとめましたが、あなたが行いたい手法は見つかりましたか?昨今ではアメリカで普及しているマーケティングオートメーションが日本でも爆発的な広がりを見せています。マーケティングを自動化することで担当者の負担を減らすとともに、効率化も行うことができます。

広告は基本的に即効性が高いのが特徴ですが、広告期間を過ぎてしまえば効果がなくなってしまうことと、ターゲットをしっかりと設定して行わなければ無駄なコストになってしまうというデメリットもあります。

コンテンツマーケティングなどのコンテンツ投稿を行う手法は即効性はありませんが、投稿したコンテンツは長期的に集客が出来る財産になります。

コンテンツマーケティングを行いながらマーケティングオートメーションを使って顧客の管理と育成を行うことは、これからのインターネットを利用したマーケティングでは必須の方法と言えそうです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > インターネットを利用したマーケティングと自動化...

      人気のキーワード