この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元URL:https//www.shutterstock.com

マーケティングオートメーションでしがちな間違いとそれらを回避する方法とは

マーケティングオートメーションで成功を収めるための決定的な「正しい」方法はありませんが、間違った方法はあります。よくあるマーケティングオートメーションの間違いをまとめました。これらのいずれかを行っていないか確認してみてください。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

回避できる事例1;無機質でないか?

成功しているマーケティングオートメーションのプログラムは、すべてその背景に人間のタッチ、言い換えるとすると人間っぽさが残っています。自動化のコストダウンの利点を維持しながら、実際の人間とのやり取りを模倣する通信が必要です。また、顧客サービスの問い合わせに対処するときなど、実際に顧客とメッセージする必要があるときもあります。顧客は真正性を望んでおり、botと通信していると感じることは好みません。純粋で個人的なコミュニケーションのような真の価値のあるものを与えてください。

回避できる事例2;顧客を刺激しすぎてはいないか。

質の低いコミュニケーションやメッセージ量が多すぎるために顧客や見込み客をいら立たせている場合、マーケティングオートメーションは失敗しています。

マーケティングオートメーションの目的は顧客をいら立たせることではなく、組織と見込み客や顧客の間に有意義な結びつきを作り出すことです。そのためには顧客が視聴したいコンテンツのタイプ、苦痛を感じるポイント、好みのコミュニケーションチャネル、そしてどれくらいの頻度で連絡を取ることを好むかを知ることが重要です。

回避できる事例3:マーケティングオートメーションツールを最大限に活用できていない

コンテンツマーケティングやマーケティングオートメーションのコンサルタント、およびソーシャルメディアの広告活用においての書籍を出版しているHank Hoffmeierは「マーケティングアートメーションを最大限に活用していないのは、メルセデスベンツやレクサスを買うようなものではなく、週に1回それをウォルマートに走らせるだけだ」と述べています。実際にSirius Decisionsによると、マーケティングオートメーションプラットフォームを使用しているB2Bマーケティング担当者の85%が、その能力を最大限に活用していないと考えています。

マーケティングオートメーションは単なる電子メールマーケティングツールではありません。CRM統合、キャンペーン管理、ランディングページの作成、リード管理、キャンペーン効果分析、セグメンテーションなど様々なタスクを処理することができます。

マーケティングオートメーションツールを完全に使用する前に、組織が必要とする機能を備えたツールを使用するようにしてください。マーケティングオートメーションの可能性を最大限に活用するために、新しい機能について学習しましょう。時間がかかるかもしれませんが、最終的にはツールが簡単になり、すべての機能を最適化し提供するメリットを享受することができます。自動化ROIはおのずと上昇するでしょう。

下にマーケティングオートメーションツールの比較サイトを3つのせました。ぜひ参考にしてみてください。

回避できる事例4;計画の立て方を失敗していないか。

マーケティングオートメーションだけでなくほとんどのマーケティングに言えることですが明確な目標をもって取り組みをしなければ、残念ながら失敗することになります。

マーケティングオートメーションでは目標をもって、短期目標と長期目標の両方のバランスをとる必要があります。短期的な目標は、毎日、毎週、毎月の基準であなたを導きます。それらの短期目標を達成していくことでより高い目標に向かって道を歩むことができます。

マーケティングオートメーションが多すぎるということもしばしば目標を見失って方向性がなくなってしまうことの原因となります。

回避できる事例5;質よりも量に頼りすぎてはいないか。

もし、あなたの会社のメールキャンペーンのリストが増えたらマーケティングオートメーションは正しい道を歩んでいます。しかし、あなたは顧客にどんなタイプのコンテンツを送っていますか?

最初はスマートに思われるかもしれませんが、場合によってはあなたの電子メールは迷惑メールフォルダに入ってしまうかもしれません。顧客は販売サイクルを通じて価値のある高品質のコンテンツを求めていることを忘れないようにしましょう。たとえば、新規購読者には歓迎メールを送信し、そのあとは人口統計や買い物行動に基づいてメッセージを送信するなどの工夫が必要です。

まずはやってはいけない事を知ることも大切ですね。

マーケティングオートメーションを成功させるには、リーチが必要不可欠です。そのために、誰にどのようなメッセージを提供し、何に気づいていただくのか。そこから、自社のサービスにどのようなストーリーで到達させるのか。そのストーリー設計と獲得するためのリーチ(ワード)戦略が大切になってきます。記事を量産しても、機能が優れていおるMAツールを導入しても、良質な流入顧客が獲得できなければ意味のない施策になってしまうでしょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > マーケティングオートメーションでしがちな間違い...

      人気のキーワード