この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元URL:https//www.shutterstock.com

知識の抜け漏れをチェック!リスティング広告とは

独自ドメインでの集客に必須のリスティング広告。本ブログでは検索エンジンの仕組みからリスティング広告の基礎知識まで今一度、おさらいしてみましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

独自ドメインのホームページを立ち上げた際に、
立ちはだかる壁が集客です。
ネットショップの場合、モールの場合はモールに根付いたユーザーがいますが、独自ドメインの場合は自社努力で0から集客しなくてはなりません。

検索という入り口からお客さんを集める場合、基本として
SEO(サーチエンジン最適化)やリスティング広告が挙げられます。
本ブログでは、その広告に焦点を絞り
検索エンジンの基礎知識から広告の運用のノウハウまでをお伝えします。

検索エンジンについて

インターネットの基本と呼ばれる検索エンジンは、Yahooや Googleなどでキーワードを入力して検索することで情報が得られます。このプログラムと検索順位を決めているのが検索エンジンと呼ばれています。

主にキーワードを入力することで、その関連性の高いものや、合致するサイトが上位に表示されます。現在では、上位表示されるサイトについても、大変多くの選定基準が設けており、その検索されたキーワードが多く含まれるサイトが上位表示されるわけではなく、内容の豊富さや、他のサイトと同じではないか、また古くないかなどあらゆる面で優劣がつけられることで上位表示が決定されています。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果上部に表示される広告で、自然検索と同じくテキストによって表示されます。ユーザーが検索したキーワードにより、そのキーワードと一致する広告が表示されます。

広告主は、検索された時のキーワードによって広告が表示されるよう設定し、キーワードが検索された場合にのみ出稿した広告が表示されるようになっています。広告費用はクリック単価のオークション形式になっているため、人気のキーワードは高額な場合もあります。

ただし、オークションの入札額が高ければ上位表示できるのかというとそうではありません。広告文がリンク先の内容が検索ワードにどれほどマッチしているのかを図る品質スコアというものがあります。その品質スコアと入札額によって広告ランクが決定され、出稿場所の順位が決まります。そのため、少ない入札額でも上位表示を勝ち取ることもできるのです。

リスティング広告はユーザーが自発的に検索したキーワード上に現れる広告ですので、自社の商品やサービスにユーザーを誘導するのは得意ですが、一方で商品やサービスの広告を多くの人に伝えることを苦手としています。

また、媒体としてYahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチとGoogleのGoogleAdWordsがあります。アカウント開設自体は無料ですので、管理画面を見てみる上でも確認してみてはいかがでしょうか?Adwordsの場合、クーポンもありますので活用してみてください。

リスティングの種類

先述の通り、リスティング広告では主にYahoo!プロモーション広告とGoogleAdWordsが利用されています。

機能による差異はほとんど見られませんが、アドネットワークに関してはネットワークの広さや掲載先媒など、違いが見られます。

Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告には、検索連動型広告であるスポンサードサーチとコンテンツ連動型広告であるYDN(Yahoo Display Network)があります。インタレストマッチやサーチターゲティングなど様々な出稿方法はありますが、基本的には上に挙げた2つです。

スポンサードサーチはユーザーが検索したキーワードに対して表示させる仕組みで、先ほどからリスティング広告の説明で度々登場している内容です。

YDNは広告出稿する商品やサービスと関連性の高いユーザー、もしくはWebサイト常にテキストもしくはバナー広告を表示させる仕組みです。ディスプレイネットワーク広告、もしくあアドネットワーク広告とも呼ばれています。YDNの場合は、大手媒体が中心になっているのが特徴です。

GoogleAdwords

GoogleAdWordsには、Adowordsの他にGDN(Google Display Network)があります。役割や仕組みは、先ほど紹介したYahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチとYDNにと同様です。

GoogleAdwordsの場合は、Yahoo!プロモーション広告とは異なり、1つの管理画面でAdwordsもGDNも設定できるのが特徴です。

また、Adsense(アドセンス)という言葉を聞いたことはあると思いますが、GDNではそのAdsenseを活用している媒体をネットワーク化し、自社の商品やサービスに適するユーザーやWebサイトに配信することができます。

リスティング広告とSEOの違い

リスティング広告は、検索順位をお金で購入するものです。費用対効果を無視すれば、自社の商品やサービスと関連性が低いキーワードでも、検索結果の上位に表示させることが可能になります。

それに対しSEOはあくまでも検索エンジンが定めるアルゴリズム上で、検索上位に繋がるためのチューニングをする施策になります。具体的手段には、「ユーザーが求めるコンテンツ内容」「サイト内のhtmlタグの最適化」「SNSによるバズ」「サイト内部の構造化」など、施策に関するものは枚挙に暇がありません。ただし、SEOを行う上でどの施策にも共通しているのが、「検索ワードに対して、ユーザーが求めている最適解を提供できているかどうか」です。そのため、コンテンツ内容が非常に重要なウェイトを占めているといってもいいでしょう。

リスティング広告で得れる情報に、表示されたキーワードの購入数や購入率があります。それらのキーワードはユーザーのニーズが高いという仮説を立てることができますので、メディアECにおけるコンテンツ制作の役に立ちますので、リスティングとSEOの両輪を回し続けることが重要かもしれません。

リスティング広告の指標

リスティング広告に限らず、インターネット上で施策を行う場合はKPI(key performance indicator
)と呼ばれる、施策の良し悪しを判断する軸を決めて行うことが大切です。

そのために、インターネット広告でよく使われる指標となる用語は覚えておきましょう。例えば、表示された広告回数をインプレッション数(imp)、表示された回数のうち、クリックされた比率をクリック率(CTR)、また購入やリード獲得につながった数をコンバージョン(CV)と言います。

KPIを決めることで、仮説に対してのズレを判断できるようになります。そのズレを調整しながら、相場観と新たな施策に繋げる糸口を見つけていけばいいでしょう。

リスティング広告は、マス広告とは異なり期間に限らず数万円程度ででも始めることができる広告手法です。そのため、現在では多くの個人事業主や小規模事業者も活用しており、大企業と横並びに勝負できるという点がメリットです。

管理画面上での分析も容易になっている上、現在は自動化運用の精度も高くなっています。Google Analyticsのような無料解析ツールもありますから、PDCAを回しながら活用してみではいかがでしょうか?

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > 知識の抜け漏れをチェック!リスティング広告とは

      人気のキーワード