この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元URL:https//www.shutterstock.com

事例から学ぶLPOの成果を出すためのポイントと改善点とは

LP(ランディングページ)の重要性は認識していても、効果を高める方法が分からない方も多いでしょう。LPのコンバージョンを高めるLPOの施策について解説します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

LP(ランディングページ)を作ってみたが、どう改良すれば成果が上がるのか分からずお悩みではないでしょうか?今回はLPO(ランディングページ最適化)の基本的な考え方、具体的な施策、LPOに向いているサイトについて解説します。

ランディングページ最適化の概要と効果が見込めるサイトとは

ランディングページの文章・色・マーキングなどを改善することにより、商品購入・資料請求などのWebサイトの目的を達成することがLPO(ランディングページ最適化)です。一度作ったWebページはそのまま放置するのではなく、何回も改善を行いながら成果(コンバージョン)を達成しやすくなるようにブラッシュアップしなくてはなりません。

LPOが有効的なのは、商品購入が目的のECサイト・資料請求をゴールとするサイトなどです。ユーザーに合わせたコンテンツを提供しやすく、効果もはっきりと分かるためです。逆に、直帰率が高い・企業名や特定のワードでのみ検索されるなどのサイトは、LPOよりもSEO対策の方が向いているでしょう。

コンバージョンを高めるLPO施策 ①ABテスト

LPOの施策としては、複数のページ候補を作り、各ページのコンバージョン率(成約率)を測定して最も良いものを選ぶ「ABテスト」という手法が王道です。キャッチコピー、フォント、商品購入や資料請求を促すボタンのデザインなどから1つの要素に着目し、複数のパターンを考えます。複数パターンからどれが効果的かを比較するのです。

改善ポイントとしては、ボタンの色を目立つものに変える、「今だけ20%OFF」などの時間制限の特典を設ける、入力フォームを簡略化するなどが例として考えられます。ユーザーが見やすいページで、申し込みに手間がかからないようにすることが重要です。

コンバージョンを高めるLPO施策 ②行動・特性分析

訪問者がWEBサイト閲覧で取る行動や特性を分析し、ターゲットに沿ったページを用意する施策です。ABテストがページの表現を変えることで短期での効果を狙う手法なのに対し、こちらはユーザーの利便性を高めて中長期での効果を狙う手法です。行動・特性の種類は流入経路・ページ移動・訪問者のエリア・ユーザーの属性などがあり、Webサイト・訪問者の特徴から、最もキーになるものを選ぶと良いでしょう。

具体的な例としては、IPアドレスから訪問者の都道府県を割り出し、地域に沿ったページを表示するのが一つの方法です。不動産販売・賃貸のサイトでよく用いられている手法で、ユーザーは最初に都道府県を選ぶ必要がなく、自分の地域の物件情報をすぐに見ることができます。

LPOの代表的な施策として、ABテストと行動・特性分析をご紹介しました。短期での成果と中長期での成果の双方を狙っていくのがおすすめです。WEBページを改善してコンバージョンを高めるためのヒントとして活用してみてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > 事例から学ぶLPOの成果を出すためのポイントと...

      人気のキーワード