この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元URL:http//www.shutterstock.com

LINEとFacebookの融合?WeChatの機能を徹底解説

LINEとFecebookを合わせたような中国のアプリWeChatの機能を解説いたします。
中国独特の機能も備わっています。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

中国版のLINEともいえるWeChatはご存知でしょうか?いまや中国の方々にとって生活に欠かせないアプリになりつつあります。WeChatの魅力はその多機能性にあります。その代表的な機能をご紹介いたします。

WeChatとはどんなサービス

中国では様々なSNSサービスやGoogleなどのアクセス制限されています。
中国では検索エンジンに「バイドゥ」が使われ、中国版のTwitterといわれる
「ウェイボー」が浸透しています。WwChatは中国の人々の生活に深く浸透し、
欠かせないものになっています。日本でいうLINEやFecebookのようなアプリです。

WeChatのLINEと同じ機能

無料通話
チャット
スタンプ
プライベートSNS
音声録音
位置情報
連絡先
グループチャット

上記の機能がLINEと同様WeChatにも備わっています。

WeChatのLINEにはない機能

ビデオチャット
音声通話のみも可能で、「メニュー」→「動画呼び出し」を選択します。
相手がそれを受け入れれば、相手の画像が表示され、右上に自分の画像が表示されます。

音声チャット
「メニュー」→「ライブチャット」を選択し、相手が受け入れれば開始いきます。
中央にある大きな丸い部分を押している間通話ができます。自分の声を相手に届けるだけの
機能で相手からの声などは、こちらには届きません。トランシーバーのようなものです。

Shake
この機能を使い本体をシェイクすると、同じように近くでシェイクしている人とマッチングが出来て、メッセージを送ることができる機能です。Wechatユーザーはこの機能を使い沢山の友達を作っているようです。

メッセージボトル
この機能は「流す」で自分もメッセージをランダムで相手に届けることができ、「選択」で不特定多数の誰かのメッセージをランダムで受け取ることができる機能です。
「返信」を押すと、受け取ったメッセージに対して返信することができます。
返信をしないのであれば、「再度流す」ことができます。

お年玉が送れる
「紅包」という機能があり、友人などにお年玉が送れます。
金額を指定したり、グループチャットで限度額を決め、ランダムに送ることもできます。

国版LINEとも呼べるWeChatの機能をご紹介いたしました。
「紅包」という機能は、中国の文化を色濃く範させている機能の1つではないでしょうか。
WeChatの多機能性は現段階ではLINEを上回っています。LINEとFacebookを合わせたようなWeChatを使ってみてもいいかもしれません。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > LINEとFacebookの融合?WeChat...

      人気のキーワード