この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元URL:https//www.shutterstock.com

コンテンツマーケティングの上級者向け!コンテンツを最大化させる

コンテンツマーケティングのコンテンツ作成後の運営・効果改善、など上級者に有効なSEO対策を考えてみましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

完成したコンテンツの効果を最大限に引き出しましょう!

これまで、2勝にわたって紹介してきたコンテンツマーケティングですが、コンテンツを作成しただけでは、完成したとは言えません。コンテンツマーケティングに影響力を発揮するために大切なのはここからです。
作成後のコンテンツの効果を上げるための方法をいくつか紹介します。

コンテンツ発信日は記念日やイベント開催日を参考に行う

前章の繰り返しになりますが、コンテンツマーケティングの成功には、長期的・継続的に取り組むことが欠かせません。そこで、実践すべきなのが自社のメディアの領域に関連する記念日やイベント、ニーズを書き出し、季節ごとにまとめたカレンダーのようなコンテンツ作成のための資料を作っておくことです。これがあれば、季節の合わせた記事を書くことにつながり、ライターのコンテンツ作成時におけるヒントになります。

以下のサイトで無料のエディトリアルカレンダーの参考が得られるので、是非見てみてください。

マーケターなら知らないでは済まされない?SEOを有効活用!

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典:https//www.shutterstock.com

コンテンツマーケティングには必須であるSEOをおさらい(基礎知識)

そもそも、GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、ネットの上の膨大な量の情報を整理し、検索する人が求めているコンテンツに合う情報を検索上位に表示しています。
現在でも、検索ツールのSEOは日々改善され、検索者の検索に最も最適な答えを提供するような仕組みになっています。
検索ツールのユーザーは、質の良いサイトが検索できる検索エンジンを選ぶので、この機能はGoogleやYahoo!にとって最も重要なサービスになります。だからこそ、ユーザーの評価によって選ばれた質の高いホームページが集客力をあげ、結果検索エンジンの利用者を増やしているのです。
そのため、検索エンジンは時間をかけ

ユーザーのニーズに合わせ戦略的に検索上位へ!

検索上位を目指すには、やはり「ユーザー目線」を重視しターゲットである読者たちがどんなキーワードを使って検索しているのか把握する必要があります。読者の検索しているキーワードを知るには、Googleが提供している「Google サジェスト」等がおすすめです。これらのワードに沿ってタイトルや中身を作成すれば、ユーザーにとって魅力的なコンテンツとなります。

また最近では、AIを用いてSEO対策を24時間実行可能なサポートサービスもあり、自社のサイトに活用できるようになっています。

具体的なSEO対策って?

キーワードが決まったら、検索上位を目指し以下のSEO対策をしましょう。

Ⅰ:タイトルは、キーワードを含め分かりやすく簡潔にする。
タイトルは、検索結果の画面に表示され、読者がサイトを訪れる入り口となるものです。なので、この記事のキーワードを必ず入れる必要があります。また、検索エンジンでは、タイトルが長すぎると検索結果でタイトルの要旨が切れてしまいます。タイトルは、20-30文字が理想的と言われています。

Ⅱ:読み手が共感しやすい言葉やフレーズを多用する。
人気なコンテンツは幅広い層の人に読まれています。B toCはもちろん、B to Bの企業でさえ、ビジネスパーソンではなく一般の人でも理解できるよう専門用語などはできるだけ控え、やむを得なく使用する場合は、説明を加えるようにしましょう。どんなコンテンツでも読者目線で分かりやすく、また読みがいのある面白い内容でなければ大きな数の閲覧数は望めません。

Ⅲ:ページの概要を記述する。
ページもタイトルと同様に検索画面に出るため、ユーザーがを区別する際の大きな要因となります。丁寧にキーワードを盛り込み書くようにしましょう。
Ⅳ:本文内にキーワードを入れすぎない。
キーワードの乱用は検索エンジンなどから、指摘され検索順位が下がってしまう可能性があります。また、むやみに詰め込んでも、コンテンツの価値が下がり読者にとって読みにくくなる上、情報の価値を感じにくくなります。

Ⅴ:画像の詳細情報にキーワードを挿入する
画像は、サイト訪問者の興味を引き付け、コンテンツ作成において欠かせないモノです。しかし、画像であるからこそ検索エンジンには読み込まれません。なので、できるだけキーワードを盛り込むため、画像詳細にキーワードを加え付け足すようにしましょう。

最近のトレンド「SNS」でのコンテンツ発信も忘れずに!

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアによる拡散は、オウンドメディアを定期的に訪問してくれる顧客に対して情報を発信できます。ですが、それだけでなく、自社のオウンドメディアだけでは届けることのできない新規顧客にコンテンツを届けることができます。
また、ソーシャルメディアによるコンテンツの流布は、オウンドメディア創設時の時に期待を一番抱けます。立ち上げ当初は、コンテンツを作成してもオウンドメディアの存在が知られていないため、オーディエンスは少ないのが一般的です。だからこそ、メディアによる的を絞らないランダムな拡散により、サイト訪問者の増加を見込めます。ここでも、コンテンツの拡散時期のイベントや行事に合わせたコンテンツをシェアして、オウンドメディアの流入を増やすようにしましょう。

ファンを増やそう

SNSによるコンテンツの発信は、オウンドメディアのファンによる二次的な拡散も行うことができるので、既存顧客の周りの人々をさらに巻き込むことが期待できます。
ですが、最初はファンが少ないからと言ってフォローを多く増やそうとするとスパム行為とみなされ、アカウントが停止する可能性があるので控えましょう。

ユーザーのWantsに耳を傾け、問題解決に導く

Googleアラートなどを使うことによって、SNS発信後のユーザーのリアクションを見ることができるだけでなく、彼らに対してアクションができるのも魅力の一つす。また、ハッシュタグなど調べることにより流行や最新のトレンドを知ることができます。

さらには、企業や商品に対して不満を持っている顧客を見つけることもできるので、自社から積極的にコンタクトを図りその問題を解決することで、顧客の問題を解決するだけでなく、将来のユーザーの同じような問題を未然に防げるでしょう。

SNS利用の際の留意点

・「KY」は厳禁
トレンドが重要視されるSNSでは、空気を読むことが非常に大切です。SNS利用者にとって違和感のない、いい距離感でアプローチをかけるよう心がけましょう。

・炎上を防ぐためには
一般的な社会的マナーの下、SNSを運営していればまず炎上は起きません。

ライバルの分析は欠かさずに!

まず、自社と同じようなペルソナを持つコンテンツマーケティング実施の企業を探しましょう。なぜなら、ユーザーとしてはコンテンツは豊富であればあるほどいいですが読める記事はせいぜい1つか2つだからです。だからこそ、担当のマーケターユーザー視点で競合を常に分析し、自社コンテンツの質を高めることが肝要です。

ここで注意が必要なのは、実際のビジネスでの競合他社が必ずしもコンテンツマーケティングでの競合メディアになるとは限らないということです。
この分野での先進国であるアメリカでは、すでにオウンドメディアのM&Aが行われており、日本でも今後注目されていくことが予想されます。

具体的な競合メディアの分析方法

Ⅰ:ブログ運営
最新記事の更新頻度、記事のコンテンツ、それを見た読者の反応などを細かく分析し数字として可視化することをお勧めします。

Ⅱ:SNSの運営
Facebookやtwitterそれぞれのフォロワー数や更新頻度、投稿内容やユーザーの反応がどのようなものか。

Ⅲ:メールマガジンの運営
これも同じように配信頻度や内容、セールス情報の有無を調べましょう。メールアドレスの獲得方法や会員の管理方法も知ることができたらなおよいでしょう。

Ⅳダウンロード資料
どんな内容のコンテンツで、ダウンロードに情報登録は必要か。資料の質やプロセスについても検証してみましょう。

Ⅴ:ほかのメディアサービスやセミナー
動画や画像を用いたソーシャルメディアの利用状況とセミナーなどのリアルイベント運営に関して詳細に調べ上げておくと、以降自社にとって有益な参考になることでしょう。

競合メディア分析のためのツール

以下のメディア分析ツールはすべて無料で使用することができます。

接点を増やして顧客の購買につなげる

ほとんどのサイトの訪問者は特にアクションを起こさずに去って行ってしまいます。そんな認知顧客には、リマーケティング広告が効果的です。彼らには、同じような広告をひたすら表示するのではなく、求めている情報、ニーズに沿ってコンテンツを提供します。これにより、認知顧客の隠れたニーズを育成することができ、効果的な広告が出せるようになります。

ネイティブ広告

ネイティブ広告とは、以前の「一目で広告とわかる」ようなバナー広告とは違い。メディアの記事のような形で表示される広告のことです。雑誌などの記事広告もネイティブ広告の一つと言えるでしょう。

ある研究によると、ネイティブ広告は通常の広告よりも回遊率が高く、直帰率が低く、また訪問者1人あたりの閲覧ページも多いとのことです。

Facebook広告

Facebookの広告は、公告のリンクや画像、タイトルにメッセージまで短時間で自分一人で作成することができるので便利です。さらに、ターゲットの絞り込みもでき、費用も最艇で1日500円から広告を打つことができるので、多くの企業や団体に幅広く使われています。

Facebookの広告は主に2つの目的があります。
Ⅰ:過去に「いいね」が多くついた記事を更に広く拡散する。
広告を通して記事を見て共感を得た人がシェアしてくれる可能性が高いです。また、人気な記事ほど、幅広い層に対して魅力的であるため新たなファンの獲得にもつながります。

Ⅱ:eBookダウンロードを増やす。
リード情報を獲得するには、eBookをダウンロードしてもらうなどの施策が必要です。しかし、普段潜在顧客はeBookを知る機会はとても少ないので、Facebookによる拡散が必要とされます。Facebookの広告は、ターゲットを的確に絞れるので、興味のある人にだけコンテンツを届けることができ、大きなリードの獲得を得ることができます。

Facebook広告作成の流れ

Facebookでの広告拡散方法は他の方法に比べコストも安く、驚くほど簡単です。

①広告の目的設定
「ウェブサイトへのアクセスを増やす」や「コンバージョンを増やす」、「アプリのインストール数を増やす」、「イベントへの参加者を増やす」などたくさん目的があるので、その中から今回の広告の目的を選びます。



②広告のターゲット設定
この広告を誰に向けて発信したいのか、「地域」「年齢」「性別」「職業」や「興味」など様々なオーディエンスの特徴を選択でき、広告を見てもらいたい相手を細かく絞ります。



③予算と期間を決める
この段階では、打つ広告にかける予算と期間を決めます。前にも書いたように少額は1日500円からでき、期間は1日や1週間、1ヵ月など決められ、細かな時間設定も可能です。また、予算はもちろん多くかければかけるほどリーチ数を増やすことができ、さらなる拡散が見込めます。予算を決めると大体のリーチ数が分かるので、広告予想の指標にもなります。



④画像を選択
広告に使う写真を選びます。記事の内容に沿うものが好ましく、ビジュアルエイズとして魅力的なモノやオーディエンスの注意を引くような写真を選ぶとよいでしょう。



⑤タイトル、文章を作成
最後に拡散するコンテンツの見出しやその記事の説明を少し加えることで、見る人がわかりやすくなり、閲覧数の上昇が期待できます。この部分がこの広告の良しあしを決めるので、費用対効果を高めるためにはユーザー目線に立ち引き付けるような見出しと説明を考えるようにしましょう。

インサイドセールスの立役者

コンテンツ作成はインサイドセールスには必要不可欠なものとなってきています。インサイドセールスとは、内勤営業のことで電話やメールだけで顧客をつくることです。「テレアポ」とは異なり、見込み客に対し情報やバックアップなどをして問題解決に導き、自社の顧客に育てることです。これにより外回りなどの無駄な営業がそがれ、潜在的なニーズを後押しすることに注力できます。現在アメリカでは、10年前は内勤と外勤の割合が5:5だったのが2016年には6:1と内勤が占める割合がとても高くなってきています。インサイドセールスを増やしていけば、自然と営業とマーケティングのギャップを埋めることができ、商談をコンパクトにまとめることが可能となります。

運営に重要なのはKPIとPDCA

コンテンツマーケティングは、中長期的に効果が望めるマーケティング施策なので必ず改善が求められます。そのためコンテンツの改善サイクルを把握しておきましょう。
それにはまず、明確な目標(「KGI」)を決めましょう。この指標となるものがなければ「KPI」と呼ばれるコンテンツマーケティングのどのパフォーマンスを測るのか明確ではないからです。しっかりとどんな結果を期待するのか考え、計画書を立てるようにしましょう。

例:
KGI=サイトの訪問数を増やす
とした場合
KPI=記事の数、閲覧数、閲覧者の割合、回遊数など
が挙げられます。

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典:https//www.shutterstock.com

購買プロセス毎にKGIを設定

認知獲得段階のKPI設定

潜在顧客に対しては、できるだけ多くの顧客にサイトを見つけてもらい接点を作ること、つまり「認知の獲得」です。この顧客へには急な購買などのアクションは期待せず、検索流入数や滞在時間などどれだけ見てもらえたかが大きな要因(KPI)となります。

調査・理解段階のKPI

認知顧客のニーズを育てるこの段階では、さらなる情報提供によって製品やサービスへの興味・関心を高められるかがポイントです。成功事例や具体的な知見の提供が彼らのニーズを育て、さらなる顧客へと成長させます。

比較・選択段階のKPI

購買を検討している顧客に対して有効なのは、資料請求数や問合せ件数をKPIとし、PDCAのサイクルにのせ改善していくことが肝心です。

注意点

・BtoBとBtoCの効果測定の違い

BtoBは、顧客との最初の接点から購入まで長いステップを含みます。なので、コンテンツや情報のニーズに対する反応に留意し、働きかけや接点を多く持つことが大切です。
一方でBtoCは、最初の接点から購入までステップがとても短いので、検索エンジンで表示順位と競合他社との差別化がとても重要な指標・要因となってきます。

・KPIシートを作成し、こまめに変化やニーズを図ることは効率的ですが、多くの数字を気にしすぎるとそもそもの目的や実行が一貫性のないものになってしまいます。

・細かい数字を追いすぎない。マーケティングには、数字やグラフはつきものです。ですが、実際は意味のある数字と数字が入り混じっています。なので、自分が立てた目標(KPI,KGI)とは関係のない値はそれほど意識しすぎないよう心がけましょう。

「マーケティング改善」のヒント

コンテンツマーケティングにおける、効果的な改善は、ズバリ「マーケティングファネル(購買プロセス)」の下から段々に改善を行っていくことです。これは、購買プロセスにより近い部分から改善することにより、すぐに改善の効果が期待できるからです。

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典:https//www.shutterstock.com

他には以下のような策が効果的です

・見込み客の流入元を特定
コンテンツマーケティングの魅力である広告に頼らずサイトへの流入を増やすには、検索とSNSからの流入数を増やすことですが重要です。

・コンバージョンしやすいキーワードを見つける
複数語を組み合わせた検索(ロングテールキーワード)からの流入数は売り上げにつながる可能性が比較的高いです。自社のコンバージョンの高いキーワードを探しておきましょう。

・商談が成立しやすい成功法(ゴールデンルート)を確立する
歓呼に自社でどのように商談や製薬が成立したかまとめ、その成功の要因を見つけ出すことで、自社の強みや成功の方法が可視化することができるかもしれません。しかし、これにはデータの蓄積と細かい試行錯誤が欠かせません。様々な仮説を立てながら、成功法(ゴールデンルート)を確立しましょう。

検索エンジンに見つけてもらえているか不安なあなたへ

Google Search Consoleというサービスは、自社のサイトが検索エンジンにどれほど認識されているかを示してくれます。設立後すぐは、ゼロベースのスタートですが、コンテンツの増加と共にインデックス数が増え、順位上昇していきます。もし、急に順位が下がるようなことがあれば、何らかのペナルティがあったことがわかります。

Google Search Consoleを使えば、・キーワードの確認はもちろん、・インデックス状況の確認や・サイトへのリンクの確認などが行えます。また、サイトへの移譲やおえなるてぃの状況も明確に表示してくれます。

最後により良いマーケティング運営の秘訣を伝授

コンテンツマーケティング×ブランディング

コンテンツマーケティングは自社のブランディング構築にも大きな利益をもたらします。この手法は、顧客との接点が多く、消費者の企業に対するイメージを構築するのに一役買うのです。強いブランドイメージがあれば、ディズニーランドや高級ブランドのように付加価値や価格プレミアムにより、他のブランドとの大きな差別化を図ることができます。

ブランドは、企業からの一方的な創造ではなく、顧客との様々な接点の中で共につくりあげられていくものです。かつては、マスメディアによる公告がブランド構築に最も効果的と考えられていました。ですが、このインターネットの時代には、消費者行動が変化し、企業との接点が増えたおかげで、彼らが経験する体験こそがブランド構築につながるのです。

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典:https//www.shutterstock.com

「ブランド」に不可欠な要素3つ

「Likability(好ましさ)」「Expertise(専門性)」「Distinctiveness(差別化)」
この3つの要素が企業がブランドを確立するうえで、重要なポイントになります。
これらは、中小企業でも実行可能なことなので、規模の大きさで諦める必要はありません。また、この3つの要素を1つでも無視してしますと、自社のブランドが消費者には浸透せず、大企業とは言えども失墜に繋がってしまう危険性があります。

コンテンツマーケティングを行うことにより、このサイトを気に入って商談を持ち出してくる企業は、自社サイトのファンになっていることが多くあります。その場合「Likability(好ましさ)」がすでに確立されており、商談や成約の成功率がとても高く、効率的な営業活動が期待できます。

顧客の信頼を得るコンテンツ例

コンテンツマーケティングのKGIは、顧客にとって役立つ情報を提供することです。信頼を得るには、顧客に共感してもらうことも肝心です。では、どのようなコンテンツが共感を呼び、また彼らにとって有益な情報となるのでしょうか?

・立ち上げた事業への思いを語る
新記事事業の立ち上げには、様々な困難や苦悩を味わうことでしょう。しかし、それを正直に語れば、それに共感し支援してくれる人が見つかるかもしれません。

・仕事の哲学を語る
仕事に対する思いや信念、こだわりを同じ社会人に対して伝えることであなたの人となりが他人に垣間見えることでしょう。これは、強力なコンテンツになりえます。

・プライベートを発信する
コンテンツが仕事ばかりでは、自分だけでなく読者も面白みを感じなくなるでしょう。時々プライベートな事情を挟むことで、より実感がわいたコンテンツに仕上がります。

・お金事情を説明する
価格やコストを詳細に語ることで、その値段が適切なモノならば、相手の信頼を得ることができます。

・強味弱みを明確にし、失敗談を語る
自身の強みをアピールしながらも、弱みとその改善点をあげることにより包み隠さず語っているという正直な印象を流布できます。また、失敗談を含めて話すことにより、よりその人の人間としての幅が感じられ、大きな信頼に繋がります。

基本的なマーケティングも忘れずに

STP(セグメンテーション、ターゲット、ポジショニング)などのマーケティングの基礎も並行で行うことで、よりコンテンツマーケティングの効果を高めることができます。
ポジショニングを明確にすることにより、相手にとってのファーストカンパニー(一番最初に思いつく企業)になることを目指しましょう。また、この差別化は、ブルーオーシャン戦略の実現を可能にし、マーケットにおいて自社ブランドを確立できます。

進化するマーケティング

マーケティングの自動化がもたらす変化とは?

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典:https//www.shutterstock.com

最近、BtoBの企業の間で導入が進んでいるSFA(Sales Force Automation)というのは、営業部門の活動と案件を管理する支援システムです。これにより、営業予測が可視化され未来の売り上げ予測が可能になります。そして、このSFAシステムを補完する役割を持っているのが、マーケティング・オートメーションつまりマーケティングの自動化です。この機能を要約すると、つまり「見込み顧客を割り出し、営業の案件を作り出す」というツールです。

このマーケティング・オートメーションにより、1人の有力な顧客に対して、適切な「コンテンツ」、「タイミング」、「方法」で営業をかけることができます。

マーケティング・オートメーションについては、他の記事でさらに詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > コンテンツマーケティングの上級者向け!コンテン...

      人気のキーワード