この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元:https://www.shutterstock.com/

初心者必見!提携しておくべきアフィリエイトASPと各社の比較

アフィリエイトプログラムを活用するには、ASPと提携する必要があります。ここでは最低限提携しておくべきASPと各社の特徴をまとめます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

「アフィリエイトを始めたいけど、どのASPに登録すれば良いのか分からない」

そんな方のために、最低限提携しておくべき大手ASP5社を厳選しました。各ASPによって広告主や報酬体系が異なったりしますので、ASPの違いを理解し、ご自身のサイトに合ったASPに登録しましょう。

ASPとは

ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダ(Affiliate Service Provider)の頭文字を取ったものです。ASPは広告主からのアフィリエイト案件を多数抱えており、ASPが運用するシステムによって成果報酬という仕組みが成立しています。ASPは、いわゆる仲介役として、アフィリエイトサイトを運営する個人や法人と広告主を繋いでいるのです。

まずは提携を!最低限提携しておくべき大手ASP5選

最近ではASPのシステムをOEM販売する企業が登場するなど、ASPの役割を持った企業数は多数存在します。それぞれ強みや特徴はありますが、最初に提携するASPとしては大手をおすすめします。理由は案件の豊富さと管理画面の使いやすさです。その大手ASPも複数登録することで、案件の報酬単価の比較などもできるようになります。

バリューコマース

バリューコマースは、国内で初めてアフィリエイトサービスを提供し始めたASPです。ヤフー株式会社の連結子会社なので、Yahooショッピングやヤフオク!の即時提携にも対応しています。

以前はアップル社やレノボ社のような大手企業も取り扱っており、大手企業のアフィリエイト案件に強みを持っています。案件ジャンルも豊富で、大手ASPのなかでは唯一アダルト案件も取り扱っています。

JANet(ジャネット)

JANetは株式会社アドウェイズが運営するASPです。バリューコマースなどの国内大手ASPと比較すると、広告主数が少ないかもしれません。しかし、独占案件も多く、特に金融ジャンルに強みを持っています。同じ案件を他社ASPと比較した時に、報酬単価が高く設定されているものも多く存在します。

JANet(ジャネット)1社だけだと頼りないですが、案件ジャンルによっては必要不可欠になるASPです。振込手数料が無料であることも覚えておきましょう。

A8.net(エーハチネット)

A8.net(エーハチネット)は6年連続(2016年現在)でASP利用率・満足度1位を獲得し、最も支持されているASPです。登録に審査が無く、自身のブログやメディアがなくても登録することができます。大手ASPの中で最も敷居が低く、初心者におすすめのASPです。

また、A8.net(エーハチネット)が人気である理由には、セルフバックプログラムがあります。セルフバックとは自己アフィリエイトのことで、自分自身が商品の購入もしくはサービスへの申し込みをすることで、アフィリエイト報酬を得るというプログラムです。

稼ぐという意味でも、アフィリエイトの仕組みを体験するという意味でも、セルフバックプログラムは利用すべきでしょう。

アクセストレード

アクセストレードは2001年から運営されているASPです。単純に案件数だけを比べてしまうと、他社ASPに劣る部分もありますが、一方で、人材系(転職サイトへの登録)・美容系(エステ店の予約)に強みを持っているという点においては無視できない存在です。また、アクセストレードも振込手数料が無料です。

アクセストレードはメディアのニーズを汲んだツールも提供しています。「リスティング」や「検索」から成果に至ったキーワードを計測できる「iListing+」や動画で学べる「ACCESSTRADE CHANNEL」です。

特に「ACCESSTRADE CHANNEL」はアフィリエイト初心者なら、ぜひチェックしておきましょう。最低限のノウハウを吸収できると思います。

リンクシェア・TG(トラフィックゲート)

リンクシェアは、1996年に世界初のASPとして誕生しました。現在はTG(トラフィックゲート)を合併し、2つのASPが共存する形でサービスを提供しています。それぞれの特徴としては、リンクシェアはEC系に強みがあり、TG(トラフィックゲート)は金融系に強みがあります。

質の高いコンテンツを意識し、メディアのマネタイズへ!

アフィリエイトは、メディアをマネタイズする方法として有効な手法です。
掲載するバナー広告とは異なり、ユーザーが実際にアクションしてくれないと売上に繋がりません。そういう意味では、在庫を持たずにECサイトを運営することに近いものがあるでしょう。

常にユーザー目線でコンテンツ制作を意識し、地道に質の高いコンテンツを増やしていくことがアフィリエイト収益増大への近道となります。

メディア運営を始める際は、まずは今回紹介した大手ASP5社を登録しておいてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      KABUKI > コンテンツ > 初心者必見!提携しておくべきアフィリエイトAS...

      人気のキーワード