この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元:https://www.shutterstock.com/

EC業界に最適な動画を利用したコンテンツマーケティングとは

EC業界でも注目されてきている動画マーケティング。注目されている理由とその活用方法について、ご説明致します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

コンテンツマーケティングにおける動画市場の成長

デジタルマーケティングの予算は、確実にコンテンツへとシフトしています。消費財を取り扱っている企業のマーケットの場合は特に動画に対する積極的な投資が見られており、現在アメリカでは、オンライン動画市場の19%を小売業界が占めているのです。

しかし、消費者の動画コンテンツに対する需要は、この数値をうわまっています。動画を好む傾向は特に若年層に強く、同じコンテンツが画像や文章で提供されていても、51%は積極的に動画を選択しています。さらに45%は、ブランドが提供する動画をソーシャルメディア上で知人へと共有しています。

動画コンテンツの制作時の問題

動画コンテンツはユーザーへの情報の理解度を高めます。
しかし、現在の動画コンテンツの多くは消費者が求めるコンテンツと大きく乖離しています。

その理由は複数考えられます。1つはコストです。動画製作がとても高額であるという印象があります。実際にオンライン向けの動画作成しよと思っても、テレビほどではなくともの多分にコストがかかるのは当たり前です。今ではクラウドソーシングによって低単価に動画を作成することも可能になっております。

次の問題はアイディアの難しさです。オンライン動画の多くは、尺や内容に制限がありません。配信者としては、面白い動画を作りたいとつい思ってしまうようですが、必ずしもバイラル動画である必要はありません。消費者にとって有益な動画コンテンツには様々なカタチがあるはずです。


3つ目に効果測定方法の問題があります。よく「◯◯◯万再生達成!」というような告知を見かけますがその指標ばかり追っては意味がありません。
オンラインで動画を配信の指標は再生数だけでなく、ターゲット視聴による態度変容であるべきです。

動画コンテンツは若い消費者との接点として欠かせないチャネルになりつつあります。しかし、未だ動画マーケティングを上手に運用しているEC業者様は多くありません。正しい使い方を理解して、是非動画マーケティングにチャレンジしてみましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > EC業界に最適な動画を利用したコンテンツマーケ...

      人気のキーワード