この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元:https://www.shutterstock.com/

事例から学ぶ!動画マーケティングの効果とは

これまでTVCMが一般的でしたが、企業のYouTubeなどWEBやSNS媒体での動画マーケティングが活発化しています。新しいマーケティング分野である動画媒体は、表現自由度の高さや共感を呼びやすいことから拡散性も高く、セールスプロモーションのみならずブランディングにも適しています。この記事では動画を活用するメリットを紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

2016年は動画マーケティング元年とも言われ、様々な企業が自社のプロモーションやブランディングに活用しはじめています。

では、動画マーケティングを行う実際のメリットとはどこにあるのでしょうか?動画がマーケティングに適している理由と活用する際の狙いをご説明致します。

シナリオの自由度が高い

以前は動画といえばTVCMと想像するのが一般的でした。しかし現在では、YouTubeを初めインターネットを通じてパソコンやスマートフォンで動画を見るのが当たり前になり、TVCMの様に見たくないのに目に入るのではなく、ユーザー自ら動画を見に行く行動をとる形態に変化しています。

TVCMでは誰の目にも触れるため、テレビ局によるコンテンツの審査などが厳しく、あらゆる視聴者の観点で配慮が必要でした。しかし、インターネット上での動画視聴では先に述べた様にインターネット上で自ら視聴する選択をしているので、見たくない人の目へ配慮したコンテンツ制作が不要になったため、自由度が高くターゲットをセグメントしたコンテンツ制作が可能になり、より企業や商品のファンを育成する仕掛けがしやすくなります。

低コストで拡散が狙える

現在の視聴者は、SNSなどのパーソナルアカウントをほとんどの方が持たれています。
そのため、視聴者に有益であり興味を引くコンテンツを配信できればTVCMのように莫大な媒体料を支払わなくても視聴者同士で話題として取り上げられ、情報が拡散されるメリットがあります。

そのためには自社の伝えたい事を伝えたいユーザーの背景を紐解き、リーチする有益なコンテンツを考察することが肝になります。

あくまでもコンテンツへの興味を持って貰えないと視聴されないので、ユーザー目線でのコンテンツ作りが重要です。

ブランディングに最適

商品を売るためにはセールプロモーションを行いますが、それは競合商品にユーザーが流れないよう、自社に目を向かせる施策でしかありません。つまり、プロモーションは一過性のものでそのユーザーが次回もまた買ってくれるとは限りません。

一方、ブランディングとは企業もしくは商品へのを理解を訴求し、共感をもってファンになってもらうことです。同じような他社商品があっても、ブランディングによりファンとしての関係性ができていれば、他社には流れず次回も買ってもらえるからです。ブランディングのためには、情報量が多く表現力の高い動画コンテンツが向いています。

今後、企業のブランディング活動は、訴求力の高い動画マーケティングによる自社のファン獲得に向け、より動きが活発になることが予想されます。

いかがでしたでしょうか?

一般の消費者は、視聴する動画の意図など深く考えることなく、直感的に見たいか見たくないかだけで視聴する傾向があります。

しかし、直感的視聴を通じ、気づかない間にその企業の情報が植え付けられ、結果として共感をもちファンになることでしょう。

企業と消費者をつなぐ動画マーケティングは、これからのカスタマーリレーション構築、経済発展に欠かせない存在になることが予想されます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > 事例から学ぶ!動画マーケティングの効果とは

      人気のキーワード