この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元:https://www.shutterstock.com/

動画制作における価格相場の見分け方とは

動画のアイデアを考えたら、次に問題となるのが予算。オリジナルの動画製作には、ある程度のお金が必要です。財布と相談するために、予算の見積もり方ご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

動画SEOには欠かせない、オリジナルの動画製作。魅力的な動画の製作には、ある程度費用がかかりますが、予算の都合もあるので一体いくらくらいかかるのか判らないと困りますよね。そこで動画の製作前に、費用相場を見積もる方法をご紹介しましょう。

動画製作にはどのような費用がかかるのか?

撮影機材などにかかる費用

動画の製作にはまず、撮影機材が必要になります。具体的には撮影するカメラ本体と、編集用のパソコンは最低限必要になるでしょう。本格的な撮影なら、三脚、照明、場合によってはフィルム、テープなども必要です。大道具や小道具も使用するのであれば、それらの美術費などもかかるでしょう。その他、有料のロケ地を借りるならもちろんお金がかかりますし、何よりそこへ行くための交通費が必要です。

規模に比例する人件費

動画の製作には、必ず人の手が関わっています。動画のストーリーを考えるプランナー、撮影場所などを考えるディレクター、そして実際に撮影するカメラマンなどです。CGを盛り込むならCGを作成するクリエイターも必要ですし、登場人物が居るなら出演者も必要です。他にも、照明技師、スタイリスト、ナレーターなど、各ジャンルのプロフェッショナルが集うのが動画製作だと言っても過言ではありません。もちろん規模によりますが、大きくなれば大きくなるほど携わる人が増えると言えるでしょう。

どこまで自分たちでできるか考える

どのようなことにお金がかかるかが判れば、後は動画のプランと照らし合わせ、どこまで自分たちでできるかを考えましょう。特に人件費は、プロに仕事を依頼すると驚くほど費用がかかります。動画の企画や撮影場所を考えたり、動画の撮影や編集を自前で行ったりすることも可能でしょう。

ただし、プロに依頼するよりクオリティが下がることも考えなければなりません。本当に自分たちだけで可能なのか、どこまでクオリティを下げられるかなども考慮しましょう。特にCGやアニメーションの作成などは専門的な技術が必要ですから、見よう見まねでどうにかなるものではありません。

動画製作会社に依頼した時の相場

色々な準備が必要な動画の製作は、動画製作会社に依頼することも可能です。その場合、どれくらいの相場になるのかをご紹介しましょう。

クオリティ低:30万~50万

既存のテキストや映像を利用した簡素な動画であれば、50万円以内に収まるでしょう。ゲームのプレイムービーやプレゼン用映像、ライブ映像のPVなどをイメージしてください。動画製作としては安価ですが、その分クオリティも低くなります。このレベルであれば、自作の動画と大差がないということもあり得るでしょう。

クオリティ中:50万~100万

新規の素材作成や撮影を必要とする場合は、これくらいの見積もりになるでしょう。社内風景を撮影した企業紹介の動画や、イラストを盛り込んだ販促映像などがこれに当たります。ある程度費用がかかる分プロらしいクオリティにはなるため、クオリティ重視ならここが最低ラインでしょう。

クオリティ高:100万~

上はピンキリですが、高度な技術やノウハウを駆使した動画の作成は100万円以上かかると考えてください。動画イメージは、3DCGが組み込まれたPV、ナレーションのある販促動画などです。基本的にはお金をかければかけるほど、ハイクオリティな動画が期待できます。

上はピンキリですが、高度な技術やノウハウを駆使した動画の作成は100万円以上かかると考えてください。動画イメージは、3DCGが組み込まれたPV、ナレーションのある販促動画などです。基本的にはお金をかければかけるほど、ハイクオリティな動画が期待できます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > 動画制作における価格相場の見分け方とは

      人気のキーワード