この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元URL:https//www.shutterstock.com

事例から学ぶ!Instagram広告の効果的な運用方法とは

トレンドに敏感な人たちの間では取り入れるのが常識となっているアプリInstagramを上手に運用しながら高い宣伝効果を得るためのテクニックを紹介していきます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

Instagramはおしゃれな写真がたくさん投稿されていて、流行に敏感な人たちからは熱い支持を受けています。テイラー・スウィフトなどのセレブも使っていることでも有名ですね。そんなInstagramを有効に使うことによって高い宣伝効果を得ることができます。ここでは効果的とされる運用方法を紹介していきます。

ハッシュタグを欠かさずに使うと効果的

TwitterやInstagramで使用されているハッシュタグをご存知でしょうか。キーワードにハッシュ(#)をつけることによって、キーワードに関連するトピックの検索が容易になり興味のある内容について深く知ることができます。
Instagramに企業名や関連ブランドなどをキーワードとして定め、それらにハッシュタグをつけると同じ嗜好を好む人へのアプローチできる確率が高いです。
スポーツメーカーのpumaはこの手法を使って、自社サイトへの誘導を行うことで知られています。ハッシュタグはひとつのみならず複数のキーワードにつけることができるため、広告に関連する言葉にはどんどんハッシュタグをつけていくとより知名度を高くすることができるでしょう。

Facebookと連携するとさらに効果的

おしゃれな画像を簡単に見つけられることがInstagramの強みですが、どうしても文章に目がいきづらいという弱点があります。広告を出す上では魅力的な画像は欠かせませんがそれだけではなく魅力的な説明文やキャッチコピーも工夫を凝らしたいところですよね。
そんなときに役に立つのは知名度の高いFacebook。Instagramと連携することができるFacebookは文章も添えやすいため広告には向いているだけではなく、情報が広がりやすいというメリットもあるためInstagramと並行して利用するといいでしょう。ファッションブランドの多くがこの方法を試みて、Instagramでは洋服を画像でアピールしFacebookでは洋服の説明を行っています。

英語を使ってグローバルにアピール

海外に進出している企業や、いずれグローバル化することを視野に入れている企業はInstagramの投稿にも海外を意識して英語の説明を加えてみましょう。
画像は理解してもらえても、商品や会社の説明は日本語で伝わらないというのはもったいないものですよね。Instagramは短文を添えている投稿が多いため、英語に自信がなくともFacebookと比較すると容易にチャレンジすることができるでしょう。
もしも難しいようであれば、ハッシュタグだけは英語にしてみると反応が違ってくるはずです。コストや労力を使わなくても海外に住む人にアピールできるのはInstagramをはじめとするSNSの大きなメリットであるため、広告として使わない手はありません。無印良品もこの方法をとってフォロワー数を増やしています。

動画の載せ方を工夫してみよう

基本的に画像では少しの情報しか伝えることができませんが、動画は短時間の映像で画像の何倍もの情報を伝えることができます。よりたくさんの情報を消費者に伝えたいと考えている企業にとって、Instagramの動画は見逃せない機能です。
しかしただ商品を映しただけの映像や、だらだら説明しているだけの映像は動画広告に慣れているインスタグラマーの心には響きません。
大切なことはインスタグラムならではの機能を活かした動画をつくること。例えばフィードをスクロールすると無音で映像が流れる機能を活かし、無音でも楽しめる動画をつくるように心がけるとフォロワーの見方も変わってくるでしょう。カミソリ購入サービス会社のダラー・シェーブ・クラブはこの手法をとり入れています。

新機能!カルーセルと動画の組み合わせで忙しい人にもおすすめ

カルーセルとはひとつの投稿に複数枚の画像をあげ、スワイプ式ながら閲覧することができる機能です。FacebookなどのSNSでも取り入れられていて、2015年にはInstagramでも開始されました。
そして2016年にInstagramはさらにパワーアップし、動画とカルーセルを同時に投稿できるようになったことで画像と動画を一緒に楽しむことができるのです。
この進化に目を止めたファッションブランドASOSはスタイリッシュな生活と洋服を映したカルーセル動画広告を制作し、フォロワー数を伸ばすことに成功しています。
タイプが異なる広告をつくることで広告の可能性が広がり、フォロワーもライフスタイルに合わせて好みの広告を見られるというメリットを得られるのです。

おしゃれな広告にこだわろう!

日本の広告と言うとどうしてもデカデカとした商品名と値段とともに、白壁を背景に撮影された商品が載ったチラシを連想する人が多いものです。新聞の折り込みチラシをつくるのであればこれでいいのかもしれませんが、Instagramをしている人たちはサイトのおしゃれな画像を求めてアクセスする人が多数。いかにも広告!とわかるような野暮ったい画像や写真は振り向かれもしない可能性が高いのです。
フォロワーの心をつかむためにはスタイリッシュな画像をつくることが大切。海外のスーパーであるジャスパーファーマーズマーケットが載せる画像は食料品や生活用品ですが撮影法に力を入れているため、とってもファッショナブルで購買意欲がそそられます。撮影に自信がないときには、アプリを使って加工してみるといいでしょう。

Instagramはファッション性が高いため、若年層やトレンドに敏感な層をターゲットにしている企業にとってはぴったりのSNSです。ただ画像や動画を載せるだけではなく、ひと手間加えるだけで訴求力をぐんと高めることができるでしょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @EL資料請求

      @ELとは:
      世界に向け、企業のブランドエンゲージメントアップを支援する、30・40代の女性インスタグラマーに特化したSNSマーケティングサービスです。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > 事例から学ぶ!Instagram広告の効果的な...

      人気のキーワード