Story Commerce® 人と人をつなぎHAPPYをつくる

facebook利用者に好まれる記事とは

「いいね」をたくさん教えてもらえる記事を作成するにはどうすればいいのでしょうか。この記事では、今日から実行できるコツをわかりやすくお伝えします。

出典元URL:https//www.shutterstock.com

「いいね」をたくさん教えてもらえる記事を作成するにはどうすればいいのでしょうか。この記事では、今日から実行できるコツをわかりやすくお伝えします。

目次

2010年頃から爆発的に普及し、今では、ほとんとの人が使っているfecebook。この記事では、皆に親しまれる記事の書き方をお伝えします。これを読み実行すれば、fecebook利用者から好まれるでしょう。

「いいね」を押されるためには形から

ずばり、facebookで「いいね」を押されるにはどのような点に気をつければいいのでしょうか? まず、記事の形式に気をつけましょう。記事の行数は多くても7行程度にとどめることがコツです。facebookには多くの情報が流れます。あまりにも行数が長いと、利用者の読む気を無くすからです。
 次に、改行をすることがポイントです。ダラダラと改行なしに文章を続けていませんか。改行をしていなと、とても見づらくなってしまいます。特に改行の基準はありませんが、4行程度になったときに改行するといいでしょう。もちろん、同じ文章で内容が大きく変わった際に、改行するのもいいでしょうね。
 最後に、適切に読点は打たれていますか?読点がない文章は大変読みづらいです。リズム感を出すためにも、適切に読点を打つことを心がけましょう。

facebookではどのような内容が好まれるの?

形式を見たところで、次は記事の内容を考えてみましょう。「いいね」をたくさん獲得するには、記事のターゲットを絞る必要性があります。ただ漠然と書いただけでは、なかなか人々の心に刺さる記事は書けません。どのような年代層か、どのようなバックグラウンドを持つ方々か、男性か女性か、などなど。記事を書く前に、パソコンの右横にノートを置いて、簡単なメモを書くといいでしょう。
 そして、投稿者もしくは社内の様子が分かる投稿を心がけたいですね。例えば、アーティストですと、制作現場の写真を撮影し、新しく作る作品のコンセプトを紹介するといいでしょう。会社ですと、裏方で頑張っている社員のエピソードもいいでしょうね。きちんと様子がわかることで、読者に安心感を伝えられます。

動画や写真を適切に使うとインパクト大

文章だけの記事でも内容がよければ、たくさんの「いいね」をもらえることでしょう。さらに、写真や動画を適切に用いれば、より多くのインパクトを相手に与えることができますよ。
 写真はできるだけ大きめのサイズを利用しましょう。大きい写真は自然と利用者の目に留まるからです。facebookのタイムラインに載せられる写真の最大サイズは「404ピクセル×404ピクセル」となっています。スマートフォンで撮影した写真も投稿できますが、できれば一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮影した写真を掲載したいですね。写真の美しさが全く異なります。
 よりリアルに伝えるには動画の利用もいいでしょう。ただし、あまり動画の時間が長すぎると、利用者にストレスをかけてしまうので、適切な時間で区切ることがコツです。

いかがでしたか。facebook利用者に好まれる記事を作成するには、ある程度の練習期間が必要です。最初のうちはなかなか効果が出ないでしょう。しかし、諦めずに続けていれば、「いいね」がだんだん増えてくるはず。いろいろと試行錯誤しながら、記事作りに励んでくださいね。

  • Fb icon white
  • Twitter icon white
  • Line icon white
  • Hatena icon white

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      SNSマーケティング新着

      SNSマーケティングランキング

      総合新着

      総合ランキング