この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元:https://www.shutterstock.com/

超簡単!SNS情報からペルソナを導き出す方法とは

ペルソナ設計というと、なんだか面倒臭そうに思えてざっくりなセグメントになってしまう事も多々あります。今回はSNSを利用して誰でも簡単にペルソナを導き出せる方法を伝授します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

みなさんは、広告販促を行う時のターゲット像はどのように設定していますか。
多くの方は、20代女性F1といったおおまかなセグメントで
実施してるのではないでしょうか。
しかし、マーケティング施策を成功させるためには詳細なターゲット像が不可欠です。そして、この詳細なターゲット像はソーシャルメディアから簡単に導き出すことができます。SNS上には個人の趣味趣向や、
今感じていることなど、性別と年齢以外の情報が多く、これらの情報を分析することで商品のマーケティングに最適なターゲット像を割り出すことが可能です。
今回は、我々が実際にターゲット像を導き出す時に使っている方法を
ご紹介したいと思います。

ペルソナリサーチのプロセス

さっそく、具体的な進め方を紹介していきます。ペルソナリサーチではFacebookやTwitterといったソーシャルメディアを利用するので、まずはTwitter検索やYahooリアルタイム検索などの無料ツールを使用して競合ブランドの製品名を検索します。
注目したいのは次のような書き込みです。
「この○○ほんとおいしー!」
「〇〇買っちゃった!」
などのつぶやきをしているユーザーを抽出し、それぞれのユーザーのプロフィールをチェックしましょう。
ユーザーのセキュリティ設定にもよりますが、学歴・友達の人数・・興味・関心などが確認できるため、ユーザー像が少しづつ見えてきます。
数十人ほど抽出するとより細かい特徴が見えてきます。

より具体性を持たせるストーリーを作成

ワンランクアップしたターゲット像を描きたいときは一人称の視点からターゲットの心理をストーリーにして作成する方法が有力です。

例えば、以下のような文章です。
地元の短大卒業後、学生時代から付き合っていた2歳上の彼氏と結婚。
すぐに妊娠、出産し6か月になる娘がいる。
初めての出産・育児なので、地元なので先にママになっている友達や親、
姉妹の手を借りながら育てている。
新居は賃貸マンションだが、子どものために家具や寝具を新調した。
子供の乳児性湿疹がひどく、肌に触れるものや水には気を使っている。
ママ友や友達との話題は子供や旦那に関することが多く、
子育てに便利なグッズはクチコミし合う。
子供を育てることに一生懸命で、旦那とのケンカが増えてしまった。
休日はクルマでアウトレットモールや西松屋へ行き、
ベビーグッズを買うことを楽しみにしている。
生活の中心は娘(赤ちゃん)。とにかく肌に優しいものを選びたい、
娘に似合うものを着せたい、(授乳のため)体にいいものを食べたい、
という思考回路になっている。

ここから見えるインサイトは「品質に対するこだわりが強く、赤ちゃん中心の生活だということ」です。 よって安さアピールするキャンペーンではなく、品質をアピールするキャンペーンのようなアプローチが必要になります。

ペルソナリサーチはターゲットの立場から考えるリサーチ方法

簡単に誰でもターゲット像を導き出すことができるのがペルソナ設計のメリットです。
私自身、何度かこのペルソナリサーチを使ってきましたが、自分やクライアントの想像していたターゲット像と違う特徴をもった人物像になったことがあり、驚いた経験があります。
しかし、あくまでSNS情報をメインにしているという属性上、
あまり市場に流通していない商品については調査が困難とも言えます。
また、ペルソナリサーチに加えてアンケート調査やヒアリング調査を行うことができれば更に正確性の高い人物像を導き出すことができます。
ぜひ一度試してみてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @EL資料請求

      @ELとは:
      世界に向け、企業のブランドエンゲージメントアップを支援する、30・40代の女性インスタグラマーに特化したSNSマーケティングサービスです。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > 超簡単!SNS情報からペルソナを導き出す方法とは

      人気のキーワード