Story Commerce® 人と人をつなぎHAPPYをつくる

facebook個人ページとファンページの違いとは

facebookには個人ページとファンページというものがあるのをご存知でしょうか?それぞれの概要と使い方をまとめました。ページを作る際の参考になさってください。

出典元URL:https//www.shutterstock.com

facebookには個人ページとファンページというものがあるのをご存知でしょうか?それぞれの概要と使い方をまとめました。ページを作る際の参考になさってください。

目次

facebook、インスタグラムとよく聞きますが実際にEC運営へ活かすのは難しいという方もいるのではないでしょうか。facebookには「個人ページ」と「ファンページというものがあり、この2つはすごく似ていますが、機能や使い方は大きく異なります。この2つの違いを、このコラムを読むことで解決いたします。

facebook個人ページの概要とその特徴

facebookの個人ページの特徴は本名のみでの登録です。友達申請は最大で5000人で、友達の個人ページには書き込みができます。また、「いいね!」ボタンを押したファンページには書き込みができます。しかし、あくまでfacebookにログインしないと閲覧が出来ません。投稿した内容にはSEO効果などがないのも特徴です。

facebookファンページの概要とその特徴

facebookのファンページは個人ページとは違い本名以外での登録も可能となっています。友達申請はできず、「いいね!」ボタンを押してくれた人はファンという扱いになります。ファンページに投稿されたものは、ニュースフィードに表示され、投稿された書き込みにのみ返信コメントを書き込むことができます。自分以外のファンページにも書き込みすることが出来ます。facebook広告が使えますし、インサイト機能も使えます。facebookにログインしていなくても閲覧ができ、投稿内容にSEO効果があることが特徴です。

個人ページ、ファンページそれぞれの使い方

個人ページは友達同士のコミュニケーションツールとして、情報交換や近況報告などに使用するのみ適しています。
ファンページというのは、企業などがサービスなどを紹介する、プロモーションを行うためのページと言うことが出来るでしょう。

芸能人や企業ファンページの例
有村 架純 https://www.facebook.com/KasumiWorld/
セブンイレブン https://www.facebook.com/profile.php?id=100009251747189&fref=ts

このように芸能人や有名人であれば、自身の出演作品やブログ、イベントの告知に使っています。
企業であれば新商品のPRやサービスの告知などで友好的に活用されています。
情報発信的な役割が強くあります。相互コミュニケーションが必要であれば「個人ページ」、必要がなければ「ファンページ」になります。

「個人ページ」、「ファンページ」共に、それぞれにメリットがあり、上手に活用することによりプライベートの充実やビジネスを成功に導くことができるでしょう。SNSが切っても切り離せなくなった現代日本ではこれらをうまく使いこなすことが、鍵になるでしょう。

  • Fb icon white
  • Twitter icon white
  • Line icon white
  • Hatena icon white

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      SNSマーケティング新着

      SNSマーケティングランキング

      総合新着

      総合ランキング