Story Commerce® 人と人をつなぎHAPPYをつくる

ツイッター広告の種類とそれぞれの値段を比較!

世界のツイッターのアクティブユーザーは約3億2000万人ととてつもない規模になっています。そんなツイッターの3種類の広告の概要や目的を解説いたします。

出典元URL:http//www.shutterstock.com

世界のツイッターのアクティブユーザーは約3億2000万人ととてつもない規模になっています。そんなツイッターの3種類の広告の概要や目的を解説いたします。

目次

Twitter広告では、現在3つのタイプの広告が展開されています。その3種類は「プロモアカウント」、「プロモトレンド」、「プロモツイート」です。これらの中でもさらに、広告の目的によって、掲載される場所や目的が変わってきます。また、セルフサービス型では出稿できない広告あります。そんなツイッター広告の3種類の概要をご紹介していきます。

ツイッター広告「プロモアカウント」

ツイッター広告「プロモアカウント」の目的はフォロワーを獲得することにあります。この広告はセルフサービス型でも出稿が可能となっています。この広告の表示される場所は、ユーザーのタイムライン、おすすめユーザー欄に広告が表示されます。ユーザーがこの広告をクリックすると、広告主のアカウントをフォローできる仕組みとなっています。

ツイッター広告「プロモトレンド」

ツイッター広告「プロモトレンド」は、キャンペーンなどの成功を目的とした広告です。この広告はセルフサービス型では出稿が出来ません。この広告が表示される場所は、ツイッター上で話題になっている言葉や、ハッシュタグが表示される「トレンド枠」という場所に表示される広告です。この広告はタイムラインの横に1日中(出稿期間中)表示されるためとても目立ちます。キャンペーンなどで使用するハッシュタグと連携させることで、キャンペーンなどの成功高確率を高めることができます。

ツイッター広告「プロモツイート」

ツイッター広告「プロモツイート」は、一般的なツイートと同じように表示されるため、様々な宣伝効果が見込める広告になります。利用方法として多いのが、商品やサービスの認知度を高める事や特定のサイトへ誘導することが多いようです。
「プロモツイート」にはプロモツイートinサーチという機能があります。これは広告主があらかじめキーワードを設定し、そのキーワードをユーザーが検索した際に検索結果の1番上にプロモツイートが表示されるというものです。この機能を使うことで、より効果的にユーザーにアプローチが出来ます。
プロモツイートinタイムラインという機能もあり、これはユーザーがログインした際、ページを更新した際にタイムラインの1番上にプロモツイートが表示される機能のことを言います。

ツイッター広告3種類の概要と広告の目的などをご紹介いたしました。日本のツイッターアクティブユーザーは3500万人にも及ぶといわれています。日本のツイッター利用者数の増加率は(2015年12月時点)世界最高といわれています。まだまだ利用者は増えていきますので、ツイッター広告は高い効果が期待できます。

  • Fb icon white
  • Twitter icon white
  • Line icon white
  • Hatena icon white

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      SNSマーケティング新着

      SNSマーケティングランキング

      総合新着

      総合ランキング