この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元URL:http//www.shutterstock.com

ブログ読者にアプローチ!Facebookリマーケティング広告の使い方とは

Facebookでよく見かける広告の出し方について。広告はどのような仕組みになっているのか、また出すことによってどのような効果が期待されるのかについて学びます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

Facebookを利用している方であれば、自分の関心のある広告を見た経験が一度でもあるのではないでしょうか?Facebookは、思わずクリックしたくなるようなリマーケティング広告をターゲット層に合わせて効果的に表示してくれますが、まずは使い方を理解することが、市場を拡大する第一歩です。

Facebookリマーケティング広告はどのような仕組みなのか

まず、ユーザーの訪問記録は自社サイトが表示させたいページのHTMLタグにFacebookでオリジナルに生成したピクセルを埋め込むことでFacebookに送れるようになり、適切なページを適切なユーザーに表示させることが可能になります。ページはサイト訪問経験のあるユーザーと興味関心の似ているユーザーにも表示できるため、市場を着実に広めていくことが期待できるでしょう。ページは網目式で多くのユーザーに表示されるため、購入や閲覧に直結するというのが利点です。また、商品の広告ページは自社商品を買わずとも一度カートに入れことのある人にも表示され再訪を促します。このように、ユーザーが見ていたページに注目して、一人ひとりのユーザーに合った広告を表示できるのがFacebookリマーケティングの強みです。

広告の詳細は各ターゲット層をよく分析して設定すること

実際に広告を出すには広告作成ツールを利用します。広告作成ツールでは、複数の広告を作り各ターゲット層に合わせたデザインの表示を適用することができ、広告を配置する位置が選択可能です。それだけではなく、オーディエンスのターゲット層を正確に絞るために関心事や年齢層、行動パターン、ページの閲覧やサイトへの誘導といった目的に合わせて入札や価格を設定することができます。キャンペーンの名前はFacebookが自動で提案してくれますが、自分で設定することも可能です。これらの項目を怠らずに細かく設定することによって、初めてそのキャンペーンにあった適切なオーディエンス正確に獲得することができるようになるのです。

関心のあるユーザーのみに表示することで販売の確率を上げる

Facebookリマーケティング広告を利用することによって、自分のサイトに過去に訪問したユーザーを再度呼び寄せることができるようになります。広告は全く興味のない人に表示するのではなく、元々自社サービスに興味のある人に再度アピールするため、購入の確率が上がりより確実にマーケットを拡大することができるのです。Facebookリマーケティングの成功事例としては高級な宿泊施設を会員制で予約できるreluxが挙げられます。reluxは、宿泊施設の予約数を増やすことを目的として過去にユーザーが表示したページと関連性の高いページを表示させるダイナミックプロダクト広告を出しました。その結果、会員数が20%増加させることに成功したのです。

大企業から中小企業まで、多様な企業がFacebookリマーケティング広告を利用しています。ターゲットは単に自社サイトに関心のありそうな消費者を一括りにするのではなく、個々の消費者にみられる傾向に振り分けて、適切な広告を作成していくことが大切です。これこそが、Facebookリマーケティング広告で成功する秘訣といえます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @EL資料請求

      @ELとは:
      世界に向け、企業のブランドエンゲージメントアップを支援する、30・40代の女性インスタグラマーに特化したSNSマーケティングサービスです。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > ブログ読者にアプローチ!Facebookリマー...

      人気のキーワード