この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元:https://www.shutterstock.com/

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いとは

よく間違われる「コンテンツマーケティング」と「コンテンツSEO」。両者は「コンテンツの目的・考え方・方法」が違います。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

最近よく聞く「コンテンツマーケティング」と「コンテンツSEO」という言葉。同じ意味だと思い混同して使っている人も多いのではないでしょうか。そもそもこの2つは「コンテンツの目的・方法」に大きな違いがあります。施策の違いを理解し、プロジェクト運営に活用していきましょう。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いとは

2つの言葉をかみ砕いて説明すると、コンテンツマーケティングとは、「コンテンツでマーケティングを行うこと」であり、コンテンツSEOは、「コンテンツによってSEOを強化する」ということです。
“そのままではないか!”と思われそうですが、つまりコンテンツマーケティングとは、売り込みたいものの対象がすでに決まっており、その対象者に対して魅力的なコンテンツを用意して売上を上げていくことを言います。
一方コンテンツSEOとは、ターゲットユーザーが特に決まっているわけではなく売り込みたい商品が決まっており、サイト内のテキストやコンテンツを充実させてSEOを強化し、検索上位に表示させたり検索エンジンからの流入を増やしたりしよう、ということを言います。

コンテンツマーケティングの目的と具体的な方法

コンテンツマーケティングの目的は、売上をアップさせることです。

例えば、「化粧品Aの売上を伸ばしたい」とします。
化粧品Aはロングセラーの化粧品で30代に人気があります。しかし、30代層のユーザーはすでに飽和状態。20代後半にも、ターゲットを広げたいと考えています。

コンテンツマーケティングの具体的な方法は、「20代後半が興味を持つような内容を考え出し、20代後半が興味を持つようなコンテンツを提供し、20代後半の購入客を増やす」という作業になります。

どんなコンテンツでもいいというわけではありません。20代後半が興味を持ちそうな動画を配信する、または他媒体へ寄稿するなどユーザーにあわせてコンテンツの中身は様々に変化します。

ユーザーを徹底的に調査し、ユーザーの心を動かすようなコンテンツを提供できなければコンテンツマーケティングは成功しません。

コンテンツSEOの目的と具体的な方法

コンテンツSEOの目的は、SEOの強化です。

例えば、「貼ってはがせるのりA」の新商品を開発したとします。ターゲットユーザーは特に決めず、必要としているあらゆる人に商品を使ってほしいと考えています。もしかしたら、「貼ってはがせる」というのりの存在を知らない人もいるかもしれません。

コンテンツSEOの具体的な方法は、平たく言えば「商品(サイト)の認知度を増やす」ことです。新商品なのでダイレクトに「貼ってはがせるのりA」で検索してくる人は限られてきます。そこで、「のり 貼ってはがせる」や「はがせる のり」などの関連KWでも流入を増やせるように、テキストを増やしたり情報内容の作りこみをしたりするなどの作業をします。
その結果、アクセス数やPV数、検索キーワードで上位表示をされるということがコンテンツSEO成功の一つの指標となるのです。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOについて理解できたでしょうか。ターゲットが決まっているのにSEOだけを強化する、またはユーザーが決まっていないのにコンテンツマーケティングを始めるなど、ちぐはぐなことが起こらないように、まずは両者の目的を理解したうえで、どちらの施策が適当か決めるとよいでしょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いとは

      人気のキーワード