この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元:http://www.shutterstock.com/

コンテンツマーケティングを利用して適切にブログを書く方法とは

コンテンツマーケティングのためのブログを書く方法は、「接触ワード」と「対象ワード」を意識して、ユーザーのニーズに合ったキーワード選定をすることが基本となります。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

ブログを活用したコンテンツマーケティングは広告出稿と異なり、蓄積されることによって、自社の資産となっていきます。また、ソーシャルメディアとの親和性が高いため、拡散効果も期待できます。そこで、コンテンツマーケティングのためのブログを書く方法についてまとめました。

キーワード選定では「接触ワード」と「対象ワード」を意識

コンテンツマーケティングのためのブログでは、キーワード選定が重要な意味を持ちます。潜在顧客を自社サイトへ誘導して、商品やサービスの認知や利用に結びつけるためには、サービスと関連するキーワードでの検索上位を狙っていくことが必要です。

キーワードには、「接触ワード」と「対象ワード」があります。「接触ワード」はサイトへの流入を呼び込みやすいワード、「対象ワード」は実際に商品の購入やサービスの利用に結びつきやすいワードです。「接触ワード」は自社サイトの検索上位表示には役立ちますが、商品の購入やサービスの利用には結びつきにくいため、両者のバランスを考えたキーワード選定をすることが大切です。

ブログのテーマ設定でブランディングを意識

ブログ記事の検索サイトの上位表示を目指すためには、キーワードに対して、ユーザーが求めている答えとなるようなテーマ設定をすることが基本です。狙っていくキーワードの検索上位サイトを参考にする方法がとられることが多いです。

ただし、ブログ記事が検索上位に表示され、自社サイトへの流入を図れても、コンバージョンに結びつかなければ、本末転倒となります。前述の「接触ワード」と「対象ワード」にも関連しますが、キーワードをもとにしたブログのテーマ設定は、ブランディングを意識して自社のイメージを損なわないものとしましょう。

ユーザーのニーズに答えるテーマ設定をする

コンテンツマーケティングのためのブログは、自社の顧客となりうるユーザーのニーズをつかむことが大切です。コンテンツマーケティングでは、WEBツールを使ったキーワード選定を重視しがちですが、実際に顧客と接する営業担当にテーマ設定の助言を受けることも有効です。また、ソーシャルメディアをチェックして、どのようなことが話題となっているか知ることもテーマ設定に役立ちます。狙っていくキーワードを取り入れつつ、読者目線でユーザーのニーズに合ったテーマを選ぶことが、ブログでのコンテンツマーケティングを成功するための方法として重要になります。

ブログによるコンテンツマーケティングでは、効果が出るまでに広告出稿よりも長い期間を要することが多いです。しかし、ユーザーのニーズに合った情報を発信し続ける方法をとることで、古い記事が顧客を呼び込むなど資産となっていきます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > コンテンツマーケティングを利用して適切にブログ...

      人気のキーワード