Story Commerce® 人と人をつなぎHAPPYをつくる

【トレンド記事のネタ探しに有効】コンテンツ制作に便利なツール5選!

記事制作などのコンテンツ制作に活用出来る便利なツールを5つ紹介します。

出典元URL:https//www.shutterstock.com

記事制作などのコンテンツ制作に活用出来る便利なツールを5つ紹介します。

目次

メディアECを実施するにあたり、重要なのがコンテンツの鮮度と更新頻度です。しかし企画を考えたり企画を考えていく中で、アイディアに困ることはありませんか?

コンテンツのテーマは、例えば歴史上の事実を伝えるような長年にわたって変わらずに価値を届けられるものと、芸能人の情報や直近で起きた世の中の事象について意見を述べるようなトレンドを意識したものがあります。

今回は、トレンドを意識した記事を作成するにあたり
参考にできる5つのツールを紹介いたします。

Googleトレンド

Googleトレンドは、Googleの蓄積した莫大なインターネットデータからキーワードのトレンドなどを知ることができる無料ツールです。国ごと、地域ごとにキーワードを調査することができ、Googleの検索エンジンより急上昇したキーワード、YouTubeでの流行している動画、キーワードでのランキングなども確認が可能です。更には、調べたいキーワードのトレンド状況を週に一度、メール配信で知らせてくれる機能も備えています。

例えば、広告のコンテンツを制作する際に、あるキーワードをGoogleトレンドで調べた際、現在よくユーザーが検索しているワードなのか、確認しながらコンテンツに組み入れることが可能です。もし検索トレンドが下降傾向にあれば、そのワードを除外したりすることで。広告やコンテンツをよりブラッシュアップすることが可能です。

主に、期間、国、カテゴリー、検索の種類を絞り調査することができ、トレンドはグラフになって表示されます。手軽に使え、かつトレンドの流れを把握できる便利なツールと言えます。

GoogleAdworsのキーワードプランナー

キーワードプランナーはGoogleAdworsが提供する機能のひとつで、広告のコンテンツを作成する際にキーワードの月間検索数や、競合性を調査することができるツールです。よく検索されるキーワードを利用して、広告のコンテンツに組み込むことで、検索されやすい広告を作成していくこともできSEO対策によく利用されます。

細かい機能として、データの参照期間の柔軟な設定、特定期間のデーター比較、月間平均検索ボリュームと特定期間のデータの比較、モバイル検索ボリュームの視覚的な表示、地域ごとの設定などがあり、希望に応えることができる機能がついています。

GoogleAdworsのキーワードプランナーの利用方法は、GoogleAdworsのIDとログインを取得し、サイト内にログインします。ログイン後、「ツールと分析」から「キーワードプランナー」がありますので利用ができます。

Yahoo!リアルタイム検索

Yahooのリアルタイム検索はTwitterで投稿された情報などをリアルタイムで知ることができるサービスです。例えば「旅行」というキーワードをリアルタイム検索で入力すると、Twitterの投稿内に「旅行」がある投稿一覧が出てきたり、分析グラフや感情の推移を確認できたりするので、1つのキーワード検索で多くの情報を手にすることができます。Facebookの場合は全体に公開している情報のみが検索に表示されるようになっています。

もちろん旅行に行っている人の投稿や、旅行にいってきた人、旅行を考えている人など、様々なコメントが掲載されるようになっているので、今のトレンドを把握できるのはもちろん、災害時の情報取得にも役立ちますので、仕事以外にもこのツールは覚えておいて損はないでしょう。あらゆる面で情報収集が可能なツールと言えます。

Yahoo!知恵袋

Yahoo知恵袋は、匿名で質問の投稿やそれに対する回答ができるYahoo!JAPANの掲示板サービスです。

何か困ったことや、問題、社会に対する疑問、友人関係の悩み、職場トラブルなど、あらゆる解決したいことなどを質問に投稿することで、回答者が答えを掲示板に打ち込んでくれます。時にはその問題に専門家が答えてくれたりもします。

ただし、回答がすべて正しい情報とは限らず、Yahooとしても、回答に対する信憑性は保証していません。知恵袋によって、現在注目されている問題や考えなどもここから知ることができ、ここから顧客ニーズを読み取ることも可能です。

Yahooユーザーは、Googleユーザーよりもリテラシーが低い傾向

Googleのユーザーのほうがリテラシーが高い傾向にあり、より厳しい目で情報を見ているというのが私の肌感覚です。
出典:【SEO、SEM】GoogleとYahoo!のユーザー傾向の違いを見極めて戦略を練ろう - 検索サポーター

Yahoo!JAPANはポータルサイトの役割もあることから、受動的に情報を受け取るユーザーが多い傾向にある。

Twitterトレンド

誰もが、いつでも最新のトレンドを確認できるのがTwitterトレンドです。

Twitterトレンドは、ツイートされている情報をリスト化しているもので、ツイッター上で発信されている流行りや、盛り上がっているハッシュタグをいち早く知ることができます。このトレンドはTwitter内にある検索部分で入力しようとすると、その画面にトレンドが表示されます。また、TwitterのTOPページ(パソコン時)にある、自身のアカウント情報下にもリスト化されています。

トレンドは地域や国によって細分化されているため、お使いのTwitterの位置情報を設定しておくとその地域の流行になっていることがリアルタイムで確認することができます。トレンドを知ることで、現在のユーザーがどんなことに興味を持っているかを知り、ニーズに近づくことが可能です。

ユーザーの思考を調査してたい時に、ちょっとでも使ってみることで「今の傾向」を知ることができます。

どのツールも無料で使用できますので、この機会に利用されてはいかがでしょうか。

  • Fb icon white
  • Twitter icon white
  • Line icon white
  • Hatena icon white

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      オウンドメディア新着

      オウンドメディアランキング

      総合新着

      総合ランキング