この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元:https://www.shutterstock.com/

作りっぱなしにならないために、戦略的なオウンドメディア運用とは

オウンドメディアは運用してはじめて価値が出るコンテンツです。そこで作りっぱなしにして放置をしないで済むようにするための戦略的な運用方法を見ていきます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

オウンドメディアの戦略的な運用方法をご存知でしょうか?これを知らないとオウンドメディアを構築しても、そのまま放置してしまう事態に繋がりかねません。これはもったいないことです。

そこでオウンドメディアの戦略的な運用方法について紹介をします。もし更新が止まっていたり、運用方法を知らなかったりする人は要チェックです。

戦略1:作業内容を分類して担当者に振り分ける

オウンドメディアの運用と一言でいえば簡単に聞こえます。しかし、その作業内容は様々です。

例えば、運用方法をディレクション(構成)、ライティング(執筆)、エディット(編集)の3ステップに分解してみます。一見するとこれらのステップは同じように見えます。けれども、実は一つ一つが専門業務なのです。つまり、特定の人が全ての業務を行うよりも、分業した方が効果的・効率的なオウンドメディア運用にできます。

そのため、オウンドメディアを戦略的に運用するには、まず「作業内容の分類」をしましょう。その上でタスクごとに「担当者に振り分け」をすることが、オウンドメディアを運用しやすくなります。

なお、これらはコンテンツ制作において「核」になる部分です。したがって、コストを抑えることよりも、専属的に契約して、高品質なコンテンツを生み出す方が良い結果を生み出します。

戦略2:マニュアル化/ルーティン化する

オウンドメディアの作業内容は、全てが専門業務ではありません。例えばデータ収集や投稿作業などは専門家でなくても作業が可能です。したがって、こうした部分はマニュアル化、ルーティン化しておく必要があります。

マニュアル化、ルーティン化とは簡単に言うと、タスクを誰でもできる作業にすることです。具体的には資料(マニュアル)に目を通して作業をすれば、均一なアプトプットを得られるようにしておくことです。つまり誰にでもできる作業にしておくことです。

これによって単純作業はルーティンに落とし込めます。その結果、コストを抑えられるようになるのです。また、本来注力したいコンテンツ制作に専念できるようになります。これが2つ目の戦略です。

戦略3:例外なく毎日のコンテンツ更新をする

オウンドメディアが廃れ始めるのは、更新作業を休み始めることに起因します。もちろん、その背景には「アクセス数が伸びない」「コンバージョンが低い」などのモチベーションダウンがあるでしょう。

しかし、オウンドメディアは徐々にユーザーと関係を構築していくマーケティング手段です。そのため、他のマーケティング手段と比べると、結果が得られるまでに時間がかかりやすいです。

つまり、オウンドメディアが成功するまで、辛抱強く待ち続ける必要があります。けれども、こうした根性論を話しても意味はありません。したがって、例外なく「毎日」更新作業を続けていきます。

これによって確実にメディア内のコンテンツ数は増えます。また毎日、コンテンツが投稿されれば、それだけでもSEOの評価が高まります。そのため、3つ目の戦略は更新頻度を「例外なく毎日更新する」ことになるのです。

オウンドメディアの戦略的運用方法について見ていきましたがいかがでしたか。オウンドメディアは作りっぱなしにされやすいです。そこで3つの戦略を用いて、日々更新されるように仕組みづくりをしていくといいでしょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > 作りっぱなしにならないために、戦略的なオウンド...

      人気のキーワード