この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元:https://www.shutterstock.com/

成功事例から学ぶオウンドメディア成功のパターンとは

オウンドメディアの成功事例を見るといくつかのパターンに分類ができます。闇雲にコンテンツマーケティングに取り組むのではなく成功事例に倣うことが成功への近道です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

オウンドメディアはどのように構築・運用をしたら成功をするのでしょうか?この疑問は企業経営者・WEB担当者を大きく悩ませます。

オウンドメディアには「これだ!」といった正しい答えはありませんが、その中でも成功事例として挙げられるWEBメディアも多いです。そこでこれらの事例を参考にして成功パターンを見ていきます。

パターン1:サーチエンジン対策(SEO)を極める

オウンドメディアの成功パターンを見ると、「サーチエンジン対策」が最も重要視される項目の1つになるでしょう。これはいわゆる「SEO」と呼ばれるものです。

なぜサーチエンジン対策が重要かと言うと、ユーザーの多くはGoogleやYahooといった検索エンジンを使って情報収集・疑問解決をするからです。したがって、このサーチエンジン対策を極められていると、PV数(閲覧数)を稼ぐことができます。その結果、人気メディア・コンテンツとして成功することが可能になるのです。

実際、集客の強いオウンドメディア(LIGブログやヘルスケア大学)などは検索による流入数が5割程度を占めています。そのため、サーチエンジン対策をすることこそが成功の第1歩になるのです。

パターン2:ユニークコンテンツに特化する

多くのWEBサイトでは違った言い方をしているだけで、同じような内容を提供しているケースが目立ちます。その結果、コンテンツの量だけで勝負されがちになっています。

しかしオウンドメディアの成功パターンを見ると、「ユニークコンテンツ」に特化して集客数を集めているケースがあります。ユニークコンテンツとは簡単に説明をするとオリジナルな企画のもとに構成されているWEBコンテンツです。つまり、独自性・専門性の強い記事を言います。

ユニーク記事を構築しオウンドメディアで成功を収めているサイトには「TABI LABO」や「オモコロ」があります。SNSとの親和性も高く、固定ユーザーの獲得がしやすいことに特徴があります。

パターン3:コンテンツの網羅性を高める

オウンドメディアの成功事例を確認すると「コンテンツの網羅性」が高いサイトも成功しやすいでしょう。ある一定の分野において幅広く情報を集めており、そのサイト内で悩みや疑問を解決できる仕組みが作られています。

コンテンツの網羅性が高まると、あるページから関連性の高いページへの移動がみられます。その結果、ユーザーの滞在時間を長くできます。

またコンテンツの網羅性が高まると、サーチエンジンからも評価されやすくなります。その結果、パターン1との相乗効果も見られるようになるのです。

コンテンツの網羅性が高いサイトには「キャリアパーク」等が挙げられます。リフェラ数を稼げるオウンドメディアと言えるでしょう。

オウンドメディアの構築・運用の成功事例を3つのパターンに分けて見てきました。扱うコンテンツによっても取り入れるべきパターンが違います。しかし、いずれかの方法を取り入れれば成功する可能性は高まるでしょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > 成功事例から学ぶオウンドメディア成功のパターンとは

      人気のキーワード