この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元:http://www.shutterstock.com/

今さら聞けない、RSSの基礎知識&活用法

RSSは様々なブログやニュースサイトの更新情報の配信を一括で受け取れるサービスです。feedlyに代表されるRSSの基礎とその活用方法をご紹介しています。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

ブログやニュースサイトを見ると頻繁に目に飛び込んでくる「RSS」という単語。実は現在無数に存在する様々なウェブサイトの情報を管理するためには必須ともいえるツールだったのです。そこで、今回知っているようで知らないRSSの基礎と活用方法についてご紹介したいと思います。

RSSの基礎と現在に至るまでの変遷について

RSSは元々インターネットブラウザの黎明期に活躍した「Netscape Navigator」で知られる米国のネットスケープコミュニケーションズが自社のポータルサイトにRSS 0.9を1999年に使用したことに始まります。その後様々な技術向上を経て現在は採用する構文の違いによりRDF(Resource Description Framework)を採用する「RSS1.0」、XML(Extensible Markup Language)を採用する「RSS2.0」、そしてRSS2.0に改良を加えて開発された「ATOM」の3種類が混在しています。

それぞれの特徴として「RSS1.0」は記述がシンプルであるためテキスト系サイトの配信向き、「RSS2.0」はテキストに色をつける、リンクを埋め込めるなどグラフィック面の技術が向上しているため全文配信向きです。そして「ATOM」はブログやニュースサイト以外にもMP3や動画などのリッチメディアの配信にも用いることが可能となりさらに拡張性が向上しています。つまり、配信の用途に応じて使い分けるという利用方法がとられています。

RSSフィードの使用目的とその種類について

RSSの使用目的は「情報を効率よく収集すること」にあります。従来であれば気になるサイトをブックマークに入れて逐一チェックしていたものが、RSS技術によってサイトが更新される度に更新情報を随時受け取れるようになりました。この更新情報を受け取るためには「RSSリーダー」または「RSSフィーダー」と呼ばれるものが必要となります。

RSSリーダーにはいくつかの種類があり、大まかに「デスクトップ・アプリケーション型」「プラグイン拡張機能型」「ウェブアプリケーション型」「携帯アプリ型」に分類されます。デスクトップ・アプリケーション型はパソコンにインストールして使用する「独立型」、Internet Explorerなどのウェブブラウザや電子メーラーに搭載されている「ウェブブラウザ・電子メールクライアント型」、デスクトップやタスクバーに常駐させる「ティッカー型」があります。そしてウェブブラウザ等に拡張機能として追加する「プラグイン拡張機能型」、専用のウェブサイトに登録して利用する「ウェブアプリケーション型」、そしてスマートフォンが普及したことで出現したアプリを利用した「携帯アプリ型」などシーンに応じて様々なRSSリーダーが用意されています。

RSSリーダー「freedly」の活用方法

RSSリーダーの中でよく耳にする「feedly」を例に活用方法をご紹介します。feedlyは「ウェブアプリケーション型」「プラグイン拡張機能型」「携帯アプリ型」としてPCやスマートフォン双方で使用でき、Windows、Mac、iPhone、iPad、Androidなど様々なプラットフォームで一元管理できる便利なサービスです。オンライン上で設定が共有できるため、自宅のPCで見ていた内容を外出先のスマートフォンで利用することも可能です。

また、feedlyはマーケティングや技術研究の情報収集ツールとしても有効です。「キュレーションを行う際のソース探索」「特定の分野の学術的権威のフォロー」「ベンチャーキャピタルの動向調査」など目的別の情報収集はもちろん、Evernote、One note、Trello、Slackといった外部アプリケーションと連動させることでプロジェクトチームに対しての情報共有を行うことも可能です。情報収集と発信機能を持つ点が多くのユーザーが愛用しているポイントではないでしょうか。

RSSという単語は耳にするものの、その活用方法についてまで気が回らないという方もこの機会に是非ご活用ください。特にfeedlyなどは日常業務で情報収集に費やす時間がないという方、チームで共有する情報鮮度のボトムアップを求めている方など業務効率の向上が期待できるおすすめの技術です。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > 今さら聞けない、RSSの基礎知識&活用法

      人気のキーワード