この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元URL:https//www.shutterstock.com

アドネットワークとは?を初心者にも分かりやすく解説

広告事業はアドネットワークやDSPなどの技術により、顧客を確実に捉えるため方法を打ち出している現在、その使い方を体得することはEC運営業界で生き残る条件です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

ここ数年で、ECサイトを運営する人にはメジャーになってきたアドネットワーク。過去を振り返ると2008年から始まり、日々進化を遂げています。今回のコラムでは、アドネットワークの仕組みと使い方をまとめています。このコラムを読むことで、ECサイト運営で悩んでいることが解決するかもしれません。

ECサイトの広告導入の現実とは

広告主がインターネット上に広告を出そうとするとき、これまでは広告の掲載先を探し、個別に掲載費用や決済方法などを決めてきました。掲載場所が多くなるほどその手間は大きくなり、さらに、広告の効果を計るのにも手間が掛かり、特に問題なのが広告掲示サイトから計測データの信頼性でした。
一方、広告掲示側でも、送られてくる広告の貼り方に手間がかかり、広告掲示の営業と用意した広告エリアに表示するものがないという問題を抱えていました。
Eコマースの増大に伴い、広告の場所と数が膨大になり、広告主も掲載側も、もはや人を増やしても対応できなくなったのが現状です。

そこで、これらの問題を解決するために登場したのが、アドネットワークです。2008年頃に広告を掲載するWEBサイトが多数集まり、ネットワークでつながり広告を配信するという形態が出来上がりました。この広告形態により、膨大な広告のトラフィック量を処理できるシステムが構築され、広告配信で抱える問題が解決できるようになっています。さらに、アドネットワークにより膨大に膨れ上がった広告トラフィック量をタイムリーに処理できる「入札制度」を応用したDSPシステムのように発展を遂げているのが現状です。

アドネットワークとは簡単に言えば、その仕組みを解説

メディアEC オウンドメディアを始めるならQucikMedia

出典:https//quickmedia.jp

アドネットワークは広告全体を管理・掲載を一手に引き受けるサーバーを中心とした、広告のコンピュータ・ネットワークです。広告主や広告代理店が、広告を複数の掲載メディアに依頼していた頃とは違い、複数の掲載メディア一括で管理するようになり、一括で管理するサーバーをアドサーバーと言います。なお、ここでいうメディアとは、個人を含むブログ、SNS、WEBサイトなど広告枠を持つサイトです。

ホームページを閲覧したときに、以前訪れたことのあるホームページと同じバナー広告が表示されていることに気付いた人は多いでしょう。初めて訪れたホームページなのに、なぜ広告が表示されるのか、不思議なことです。

アドネットワークで使用される技術は、「リターゲティング」といい、ユーザーの行動履歴をクッキーから判断し、1度訪れたホームページの広告を表示する方法です。クッキー(Cookie)とは、ホームページ訪れたコンピュータに履歴が分かるように配信するテキスト文のことで、ユーザーの行動傾向を判断します。
アドネットワークで、広告が掲載されるまでの流れは次のようになります。

広告主Aのホームページ上に広告用のタグを埋め込んでおきます。

訪問者BがホームページAを訪れたとき、埋め込まれたタグから、訪問者BがホームページAを訪れたことがアドサーバーに通知されます。

アドサーバーは訪問者Bにクッキーを発行します。

その後、訪問者Bが広告主Aの広告配信メディアのサイトを訪れたときに、アドサーバーのクッキー情報から、以前の訪問者Bが来たことが知らされます。

アドサーバーはクッキーの情報から以前訪れた広告主Aの広告を、メディアの広告枠に配信・掲載します。

このようにして、アドサーバーは膨大な数の広告を、ユーザーに対し最も適した掲載メディアに掲載します

アドネットワークに求められた背景

Marketo Marketing Blog - Best Practices and Thought Leadership

出典:http//blog.marketo.com

アドネットワークが普及した背景には、次の問題がありました。
・個人の広告者や広告代理店が掲載場所を探し出すのには数に限りがあった。
・最も適した広告の掲載ができず、ホームページ訪問者とは無縁の広告の掲載が多かった。
・不適切な場所に掲載してしまう。
・掲示側から提示されるクリック数などのデータが一律でなく、同じ広告の掲示でも、掲示者によりデータが異なり、信ぴょう性に乏しく比較できない。
・広告掲載者との課金の方法には、クリック型とインプレション型があり、管理上手間が掛かった。ここで、クリック型とは、1クリック当たりの金額で決めることで、インプレション型とは広告の表示回数で金額を決める方法です。

このような問題を解決したのが、アドネットワークです。アドネットワークを導入することで、次のようなメリットが生まれます。

このような問題を解決したのが、アドネットワークです。アドネットワークを導入することで、次のようなメリットが生まれます。

・アドネットワークに加わることで、そのネットワークに加盟する広告メディアに広告が掲示でき、しかも規模の大きい広告掲示が可能になる。
・課金方法が統一され、掲示メディアと1件ごとに課金など交渉する必要がない。
・測定データが即座に手に入り、また信頼性も高いため、サイトごとの比較がしやすい。
・リターゲティングによる広告配信により訪問者に適した広告表示ができる。

一方、広告を掲載するメディア側にも次のメリットが発生します。
・ネットワークに加入するため中小規模でも広告掲示の機会がある。
・クリック数などの計測はアドネットワーク事業者が行うため、手間が掛からない。
・広告枠の売れ残りがなくなる可能性が大きい。

その他の広告配信と比較してみよう

無料の写真 - Pixabay

出典:https//pixabay.com

広告表示の技術は、アドネットワークが出てから間もなく、新しい広告技術が開発されてきました。アドネットワークと比較される広告の掲載方法には2つあり、アドエクスチェンジによる広告とDSPによる広告です。それぞれについて簡単に意味と仕組みを解説します。

アドエクスチェンジによる広告

アドエクスチェンジは決済方法をインプレッション課金型で統一し、複数のアドネットワークを横断して広告の入札を行うシステムです。複数のアドネットワークに所属する掲載メディアから入札を行い、最も高い金額を提示したメディアを掲示箇所として選定します。
アドエクスチェンジが使用する技術がRTB(Real Time Bidding)という技術で、リアルタイムビッディング(リアルタイム入札)と言います。入札から広告掲示までの手順は、次のような手順です。この間の処理時間は0.1秒です。

RTBは訪問者がホームページを見たと同時にアドエクスチェンジに対し、広告要求のリクエストを出します。

リクエストを受け取ると、アドエクスチェンジは複数の広告主に、入札募集のリクエストを送ります。

広告主から返ってきた入札金額から、その中で最も金額の大きい広告主を選定します。

広告掲載先に選定した広告主の広告を送ります。

DSPによる広告

DSP(デマンド サイド プラットフォーム=Demand Side Platform)は、複数の広告主に対し複数のアドネットワークやアドエクスチェンジを一括して管理できるシステムです。これに対し、複数の広告掲載側を管理するシステムがSSP(サプライ サイド プラットフォーム=Supply Side Platform)です。DSPによる広告は、SSPとの間でRTBにより起こる広告要求に対し、最適な広告の選出を行います。手順は以下のようになります。

訪問者がホームページを見にきたとき、SSPは複数のDSPに対して広告掲載リクエストを送ります。

DSPはそれぞれ管理している広告主の中から、オークションでリクエストに応える最適な広告主を選出し、SSPに返します。すなわち、オークションに参加したDSPの数だけの返事が返されます。

SSPは複数のDSPの返答の中で最も高い金額を提示したDSPを選出し、広告掲載元に知らせます。

これを受け広告掲載元は当選したDSPに広告内容を送ってもらい、ホームページ訪問者に表示させます。

DSPは広告配信効果を測定するサーバーの設置、ビッグデータと連携したサーバーの設置などで、よりきめ細かい広告配信ができるようになっており、さらに進化過程です。

以上の2つの広告掲示方法をアドネットワークと比較すると、いずれも入札方式で広告元を選ぶという特徴があります。広告のトラフィック量も、0.1秒内に処理するため膨大な量です。しかし、どの技術もアドネットワークの技術を基礎とし、それの足りない部分を補う形で発展しています。また、アドネットワークの技術も進化しているため、アドネットワークの仕組みを理解し、最適な広告方法を選ぶことがEC運営を行う上で重要なことです。

アドネットワークの効果とは何か

アドネットワークの効果として、広告元にとっての効果は次のことが挙げられます。
・一元管理することができる。
・ホームページ訪問者に対しジャンルを絞った最適な広告を表示できる。
・信頼ある広告の効果を直ぐに測定し、手に入れることができる。
・膨大な数の広告掲示を少ない人員で対応でき、省力化など高い経済効果が期待できる。
・課金形態を、ワンクリック型とインプレッション型と、どちらかに統一できる。

一方、広告掲示メディア側にとっての効果が、次のようなものです。
・中小ECサイトにとって広告掲示の機会が増える。
・1つの広告枠に常に掲示物が置かれる機会が増え、空きとなる無駄が減少する。
・ホームページに作る広告が簡易化できる。

なお、アドネットワークには高い効果が期待されますが、次のデメリットもあります。これらのデメリットを解消するため、前項で述べたアドエクスチェンジなどの方法を取ることも1つの手段です。
・広告主と掲示元が取り決めて広告掲示を行わないため、訪問者に合った広告を掲示できない場合がある。
・広告主がターゲットとする人への広告掲示メディアが、異なるアドネットワークにあるときは、複数のアドネットワークに入会する必要がある。
・複数のアドネットワークに入っている広告主は、同じ広告でも、アドネットワークごとに異なる手法に応じた対応が必要です。

アドネットワーク業者一覧とそれぞれの特徴

Free stock photos · Pexels

出典:https//www.pexels.com

2016年現在、アドネットワークを運営する事業者とその特徴を見てみます。
◆Yahoo!ディスプレイアドネットワーク
Yahoo株式会社が運営し、PCとスマートフォンに配信。Yahoo japan、excite、So-net、まぐまぐ!など有名な広告掲示先が豊富です。
◆リクルートアドネットワーク
株式会社リクルートが運営し、PCとスマートフォンに配信。独自の手法で広告先ごとの最適化配信が可能です。
◆楽天アドネットワーク
楽天株式会社が運営し、国内の楽天関連サイトと提携し、クリック課金やインプレッション課金など幅広く対応します。
◆MicrosoftAdvertiding
日本マイクロソフトが運営し、PCとスマートフォンに配信。ユーザーが使いやすくスムーズな動画閲覧が可能で、全画面で広告を掲示します。
◆impAct
株式会社アイメディアドライブが運営し、PCとスマートフォンに配信。専門サイトに特化し多くの優良法人が広告媒体に参加しています。
◆ADJUST
株式会社サイバーコミュニケーションズが運営し、PCとスマートフォンに配信。専門の優良サイトが参画し、マルチデバイスなど多彩な配信ができます。

以上見てきたように、アドネットワーク事業者はそれぞれ異なる特徴があります。ここにあげたアドネットワーク事業者は大手を中心にかつ日本で運営している事業者を上げていますが、中小を含めもっと多くの事業者がいます。さらに、外国のアドネットワーク事業者を含めるともっと多く、それぞれの特徴を持っています。また、DSP、SSP、アドエクスチェンジ事業者と関連の深い事業者も注目すべき点でしょう。

アドネットワーク導入事例

これまで見てきたように、アドネットワークを導入することで、導入前の問題の解決とEC運営上の新たなメリットを受けられます。しかし、デメリットもあるため、実際の導入事例により、導入前に解決する方法を探り対策を取れば、スムーズな導入とメリットを受けることが可能です。
そのために、アドネットワークなどの広告媒体導入事例を見ることで、これから導入する際の大きなヒントがつかめるでしょう。以下に2つの事例を紹介します。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > アドネットワークとは?を初心者にも分かりやすく解説

      人気のキーワード