この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元:http://www.shutterstock.com/

結局どこがいいの?プレスリリース配信サービスを徹底比較!

プレスリリース配信サービスについて、大手代行業者3社を徹底比較します。機能、価格、効果の違いによって、自社にあったサービスを選んで利用するようにしましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

目次

プレスリリースの配信サービスは自社で行う方法と代行サービスを利用する方法があります。代行サービスを利用する方が、プレスリリースの情報が多く掲載されることでしょう。配信先を独自でチョイスすることは手間も時間もかかってしまいます。代行サービスを上手に活用して、自社のアピールに役立ててください。

プレスリリース配信代行サービスの広報効果 ってなに?

プレスリリース配信を自社独自で行うとなると配信先のメールアドレスのチョイスや、アナウンスするメディアの選択など手間と時間が膨大にかかります。急いでプレスリリース情報を配信したい場合には、間に合わない危険も伴うことでしょう。

プレスリリース配信代行サービスを利用することで、配信内容のチェックや校正を代行業者が行ったり、効果的な配信時期のアドバイスをプロの視点から受けたりすることが可能です。プレスリリースを行う限りは、できるだけ多くのメディアに取り上げて欲しいところ。

メディアに取り上げてもらうためには、代行サービスの力を借りた方が効果が上がる場合が多いといえるでしょう。同様に配信サービスを依頼する大手業者の目にも留まりやすくなります。自社のPRを上手にプレスリリースに載せて、多くのメディアに掲載してもらいましょう。

大手3社プレスリリース配信サービスの違い

プレスリリースの配信サービスを行う大手業者とはどこでしょうか。多数あるプレスリリース配信サービスの中から、利用者、実績の高い3社をご紹介します。

1.@PRESS

@PRESSは徹底した顧客対応を行います。プレスリリース記事の校正をしっかり行い、PRポイントを絞った情報にし、目に留まりやすいプレスリリースを配信してくれるでしょう。また、配信先のチョイスもリリース内容によって、細かく設定可能です。実績が高いので安心して任せることができます。配信可能メディア数7500メディア、1回の配信価格2.5万円〜5.8万円です。プランによって、料金が異なります。メディアへ取り上げられ記事になる実績は高く、1回の配信で200記事以上の記事数を誇っています。

2.PRTIMES

PRTIMESは、新聞社や雑誌社などの上場企業の27.91%が利用する大手プレスリリース配信サービスです。大手企業が多く利用することで、リリース情報が多くの企業の目に留まり、記事化の可能性が高くなる特徴があります。リリース内容だけではなく、自社のPRにも有効に利用できることでしょう。配信可能メディア数が12,000と多く、1配信は3万円から可能です。リリース記事作成代行のオプションなども選択できます。

3.DreamNews

DreamNewsはプレスリリース配信料金が定額制で30日間何回配信しても1万円とコストパフォーマンスに優れたサービスです。配信可能メディア数も7,100社超にのぼり、安価とはいえ多数のメディアにリリースできます。サポートセンターのサービスが手厚く、配信前には、原稿のチェックを細かく行ってくれることが特徴です。プレスリリースのPRのコツなどもセミナーで丁寧に指導してくれます。ベンチャー企業などで初めてプレスリリースを行う際には、利用しやすいサービスといえるでしょう。

自社の情報とマッチするサービスか?が大切!

大手三社のそれぞれの特徴を比較してみました。配信数や、料金でざっくり選んでしまっている場合も多くあることでしょう。しかしそれでは、プレス情報のアピールが不完全かもしれません。それぞれの特徴を生かして、自社のPR戦略に適しているサービスに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

リリース情報をできるだけ多くのメディアで記事化したい場合には、@PRESSがおすすめです。大手企業と連携してリリースしていきたいなら、PRTIMESを。安価に初めてみたい場合には、DremNewsをチョイスしてみると、目的を達成できます。自社の戦略に合ったプレスリリース配信サービスを利用することが賢いPR戦略です。

プレスリリースの配信サービスには様々な代行業者が存在します。価格だけでチョイスしたり、配信数だけで選んでいたりしては、充分な効果が得られないかもしれません。いかに多くのメディアに取り上げられ、記事にしてもらえるかがポイントです。自社に合ったプレスリリース配信サービスを選ぶようにしましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    アクセスランキング

    あわせて読みたい

      @Concierge資料請求

      @Conciergeとは:
      見込み客を新規ユーザに育てるためのWEBコンシェルジュ型オウンドメディア構築ASP。
      ただ開業するだけでは終わらない、他社オウンドメディアと差別化する、優れたメディア構築が可能です。

      必須お名前
      必須フリガナ
      必須メールアドレス
      必須企業名
      必須部署名
      必須役職
      必須電話番号
      必須検討状況 (ご選択下さい)
      個人情報の取り扱いについて

      KABUKI > コンテンツ > 結局どこがいいの?プレスリリース配信サービスを...

      人気のキーワード