Story Commerce® 人と人をつなぎHAPPYをつくる

RSSリーダーの特徴を徹底比較!

WEBマーケティングをするとき、情報を収集するのに欠かせない、必須ツールとも言えるRSSリーダーのクライアントアプリのそれぞれの特徴を解説しています。

出典元URL:http//www.shutterstock.com

WEBマーケティングをするとき、情報を収集するのに欠かせない、必須ツールとも言えるRSSリーダーのクライアントアプリのそれぞれの特徴を解説しています。

目次

WEBマーケティングをする上で情報収集するのに非常に便利なツールは自分の必要なサイトのみ更新情報を得ることのできるRSSリーダーという種類のツールになりますが、RSSリーダーにはさまざまなアプリが提供されています。どれを使えばいいのかわからないという方のために今回は主要なRSSリーダーの特徴を紹介します。

RSSリーダーアプリを選ぶときに重要視するポイント

RSSリーダーアプリを選ぶときに重要視するポイントはやはり見やすさではないでしょうか。RSSリーダーを使って記事を見るとき、元のサイトに直接アクセスせずに文字だけ読み込んで表示するというものがあります。

文字のサイズやフォントをカスタマイズしたり、背景を白色にしたり、目に優しいようにオレンジがかった色や黒い背景で文字を表示できる、という機能ですね。サイトの広告など、読むのに邪魔な要素を排除できるのでとても便利です。

またこれ以外にも操作のしやすいインターフェースになっているか、ということも重要で、操作にストレスがあるようでは便利なツールには成り得ません。選ぶときには自分が使いやすい、と思ったツールを選ぶのが賢明な選択です。

次に重要視するポイントは機能の数です。機能が少ないとシンプルで取っ掛かりが良いのですが、マーケティングで仕事として使っていくとなると、情報収集を効率よく進めていく必要があります。なので機能が多いほうが後々を考えると困らなくて済みます。

例えば、シンプルさを突き詰めてバックアップする機能がないようなアプリを使うと不測の事態が起きた時に情報収集に影響してしまいますね。

Feedlyを軸にしてRSSリーダーを作っていく

FeedlyというRSSリーダーの中で大手のツールが有ります。このツールは単体でももちろんRSSリーダーとしての機能を果たし、アンドロイド端末やiOS端末、WEBアプリにも対応しており、アカウントで管理されるため出先でも同じ情報を集めることができるのですが、中にはFeedlyと連携できるアプリを使ってそのアプリで情報を集めているという方もいます。基本的に連携ができるのはスマートフォンのアプリだと思ってください。

Feedlyと連携可能なアプリをいくらか挙げていきます。もちろんそれぞれ単体でも使うことはできます。

Feedly

アンドロイド端末やiOS端末、ChromeのWEBアプリに対応するなどほとんどの端末で使用でき、ChromeのWEBアプリに関しては拡張機能があるということで、他のアプリよりもカスタマイズの幅は広いです。はじめはこちらから使い始めて、物足りなければ有料のアプリなどに手を出してみてはいかがでしょうか。

Reeder

こちらはiOS端末とMacのみのアプリです。ちょっと値ははりますが他のRSSリーダーにある機能はほとんどすべて網羅しており、機能の多いアプリにありがちな動作がもっさりする、ということはなく快適に使用することができます。

Sylfeed

iOS端末のみのアプリです。記事を自動スクロールしたり、共有するときに投稿フォーマットをカスタムできる点が特徴です。また、記事の冒頭だけを見る機能があり、記事の選別をするのに便利です。

Feedlyと連携しないアプリ

InoReader

このツールではサイトの更新情報のみならず、Twitterの更新情報を受け取ることができます。受け取りたいTwitterのアカウントのIDで購読することで受け取ることができます。ただし、この機能は有料会員にならなければ1アカウントのみしか使えません。アプリ自体は無料ですが、月額課金の有料プランに申し込むことですべての機能を使えるようになります。やや上級者向けです。

NewsBlur

このツールの最大の利点はRSSに設定されている記事のタグと執筆者に関してフィルタリングができる、ということです。例えば、幅広いジャンルを扱っているサイトをRSSに登録していて、そのなかでも、ある特定の執筆者やジャンルの記事だけ読みたい、といった場合に重宝する機能です。サイトの中にはRSS配信URLをジャンルに分けている物もありますが、そのようなサイトは少ないので、必要だという方はいるのではないでしょうか。

今回はRSSリーダーの選び方も合わせてアプリの特徴を紹介しました。ツールは見やすさが第一で見やすくなければストレスが溜まるどころか情報収集の効率までも落ちてしまいます。いろいろ使ってみるとよいでしょう。機能が多くてよくわからないかもしれませんが気合を入れて一度システムを作り上げてしまえば後は楽です。

  • Fb icon white
  • Twitter icon white
  • Line icon white
  • Hatena icon white

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      オウンドメディア新着

      オウンドメディアランキング

      総合新着

      総合ランキング