Story Commerce® 人と人をつなぎHAPPYをつくる

メディア運営者のための、はてなブックマークの使い方とは!

メディア運用者にとって、はてなブックマークは重要なツールです。バズコンテンツの分析や、リーチの拡大。はてなブックマークを使いこなす方法について紹介します。

出典元URL:https//www.shutterstock.com

メディア運用者にとって、はてなブックマークは重要なツールです。バズコンテンツの分析や、リーチの拡大。はてなブックマークを使いこなす方法について紹介します。

目次

さあメディアをやろう! となったときに、まずはどうすればコンテンツが多くの人に読まれるか?を考えておきたいですよね。

実は「コンテンツをどれだけ拡散させられるか」は、はてなブックマークをうまく使えるかどうかにかかっている、といっても過言ではありません。今回はメディア運営者のために、便利なはてなブックマークの使い方について説明します。

メディア運営者が今更聞けない「はてなブックマーク」ってそもそも何?

知らない人のために、簡単に説明しておきます。はてなブックマークは、オンライン上でブックマークを保存したり、他の人に公開したりすることができる、ソーシャルブックマークサービスです。

気に入った記事を自宅でブックマークすれば、外出先でスマホから、または会社のパソコンから。その記事を簡単に読み直すことができるってことですね。

はてなブックマークでは、何人がその記事にブックマークをつけているのか確認できるようになっています。ブックマークの数が多いページは、「ホットエントリ」と呼ばれ、多くの人が興味を持っている人気記事の証になります。

ホットエントリは今の流行りを知るのに最適。分析に使おう

メディア運用者としては、

・どんな記事が流行っているか?
・どんなタイトルをつけると人気コンテンツになるか?
・どんな切り口で行けば、盛り上がるか?

などを分析するツールとして、はてなブックマークを使うのがオススメです。

ネットでの人気記事や盛り上がっている記事は、ほとんど例外なくホットエントリに入ります。なので、上記の観点でホットエントリの記事を分析し参考にすることで、良質なコンテンツを生み出す助けになります。

特にコンテンツはタイトルが重要です。webで記事がクリックされるかされないかは、タイトルに大きくかかっているからです。ホットエントリのタイトルを分析するだけでも、多くのことを学べると思います。

うまくいけば1日で10000PVもざら?ホットエントリを狙う

自社メディアのコンテンツがホットエントリとなれば、多くの読者にコンテンツをリーチさせることができます。ホットエントリに入ると、1日でその記事のPVが10000を越すなんてこともざらです。

・・・じゃあどうやったらホットエントリになるの? ってことが気になりますよね。

基本的には「いいコンテンツを書いてブックマークを集める」。これに尽きるんですが、それだけだと元も子もないので、ちょっとしたテクニックも紹介します。

最初の3ブックマークをどうやって稼ぐかが結構大事

実は、どのくらい最初の3ブックマークを集められるかが、ホットエントリになるかどうかのひとつのポイントになります。3ブックマークが早い段階で着くと、はてなブックマーク内の「注目記事」としてサイトに紹介されるからです。

サイト内で紹介されれば、サイトからはてなブックマークユーザーが流入するので、ブックマークがつきやすくなります。

自分でブックマーク数を稼ぐ?セルクマもうまく活用しよう

ブックマークを稼ぐ方法として賛否両論ありますが、自分の記事に自分でブックマークをする「セルクマ」という方法もあります。セルクマすることによるペナルティはないようですが、周りにばれると少し気まずいので、ほどほどにするのが良さそうです。

ただ最初の3ブックマークを稼ぐためにはかなり有効な手法なので、覚えておいて損はないと思います。

ブックマークされやすいようにメディアの見た目に気をつかおう

どのくらいブックマークされているか?という情報をメディア上に視覚的に表示させたり、ブックマークしやすいようにボタンやアイコンを置いたり、なんて施策も効果があるでしょう。

はてなブックマークを使いこなせば、メディア運営はうまくいくかも

今回紹介させていただいたように、はてなブックマークをうまく使うことで

・流行っているコンテンツの分析
・コンテンツのリーチの拡大

ができます。この記事がメディアの一番の肝であるコンテンツ作成の一助となれば幸いです。

  • Fb icon white
  • Twitter icon white
  • Line icon white
  • Hatena icon white

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      オウンドメディア新着

      オウンドメディアランキング

      総合新着

      総合ランキング