この記事を読んだ人におすすめの記事×

Original.jpg?jp.co
出典元URL:https//www.shutterstock.com

アドネットワーク各社の機能を徹底比較

ウェブサイトへの広告掲載を請け負っているアドネットワーク会社は複数存在しますが、ここでは各社ごとの機能を比較してそれぞれの強みを紹介していきます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE

2008年頃からウェブ上で台頭してきたアドネットワーク会社はウェブ上に広告を載せたいときにサイト検索から掲載までを担ってくれることから需要が増し続けています。アドネットワーク会社によって機能に差異があるため、ニーズに合った会社を選びたいものですよね。
今回はそんなアドネットワーク会社の機能を比較してみました。

アドネットワーク会社を使用するメリット

これまでウェブ上に広告を掲載したいと考えていても掲載するサイトを広告主が選定する必要があったため、掲載するまでに膨大な時間がかかっていました。また掲載料金や課金形態もサイトによって異なるため、比較するのが難しいというデメリットもあったものです。
しかしアドネットワーク会社の出現によってこれらの悩みが一気に解消され、広告主はウェブサイトの選定から掲載までを一括して業者に委託できるようになりました。
他にも大規模な広告配信が可能となったり効果測定データをアドネットワーク会社に任せられたりするというメリットも存在します。
いいことづくめのように思えるアドネットワーク会社の存在ですが、会社の選定を誤るとターゲットに合わないサイトに掲載される恐れがあります。次章以降ではアドネットワーク会社の一覧とともに、それぞれが持つ機能を紹介していくので、比較検討するときの判断材料にしてください。

アドネットワーク会社の一覧

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク

社会、政治経済からグルメ、ファッションサイトまで広告掲載先が多数

ADJUST

クリック課金以外にもimp課金にも対応している。専門サイトの請負多数

MicrosoftAdvertising

全画面展開の見やすい広告と動画の閲覧サイトにスムーズに移行できるところが魅力

楽天アドネットワーク

楽天関連サイトであれば大体どのサイトにも掲載されるため信頼度が高い

ドコイク?アドネットワーク

地域密着型の広告サイトで、キーワードと関連させた広告に掲載することができる

Google Display Network

インタラクティブ広告から動画広告までさまざまなスタイルの広告を掲載することが可能

Nend

スマートフォンの広告掲載を得意としているアドネットワーク会社

GMOアドパートナーズ株式会社

スポーツや芸能情報などエンタメ関連の広告掲載を強みにしている会社

アドネットワーク会社を選ぶときに見極めたいポイント

無料の写真 - Pixabay

出典:https//pixabay.com

上記以外にもアドネットワーク会社はたくさん存在し、一社一社を比較していると膨大な時間がかかってしまいます。自分で掲載するサイトを探すよりも時間がかかってしまったということがないように、ポイントを絞って会社を選ぶようにしましょう。
まず考えておきたいのはどのようなサイトに掲載したいのかということ。掲載する媒体がパソコンなのかスマートフォンなのかはたまたタブレットなのかを決めておくことも大切です。特にタブレットに掲載できる会社は限られているため注意しましょう。
課金形態も大切です。かつてはクリック課金が主流でしたが最近はimp課金やCPC課金、CPM課金など多種多様な形態が存在します。
最後にどの程度の大きさの広告を掲載するのかをイメージしておきましょう。大きすぎたり逆に小さすぎたりすると掲載できないこともあるため、ある程度決めておくことが大切です。

ウェブ広告を掲載するときにはどこの会社を選べばいいのか迷うものですが、それぞれの会社の特徴を把握しておくことによって、スムーズに選定することができるでしょう。自社の魅力をより多くの人に知ってもらえるようにアドネットワーク会社とは上手に付き合っていきたいものですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を読んだ人におすすめの記事

    あわせて読みたい

      kabuki inc. > 読みモノ > アドネットワーク各社の機能を徹底比較